圧力鍋で 時短!簡単!うちごはん♪

毎日使える、使いたくなる。圧力鍋の便利技やレシピをご紹介します。 圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ」の講座情報も。

昨年5月、圧力鍋のお料理教室 うちごはんラボが産声をあげました。あれからもう1年。何とか1年を迎えられたことに、ただただ感謝です。本当にありがとうございます。今日は、これからの季節に食べたくなるなる「たまご豆腐」のレシピをご紹介しますね。たまご豆腐は、記念 ... 続きを読む
昨年5月、圧力鍋のお料理教室 うちごはんラボが産声をあげました。

あれからもう1年。何とか1年を迎えられたことに、ただただ感謝です。
本当にありがとうございます。

今日は、これからの季節に食べたくなるなる「たまご豆腐」のレシピをご紹介しますね。

たまご豆腐は、記念すべき1回目のレッスンメニューでご紹介したんですよ。
お家で作れた!って、すっごく、すっごく、喜んでくださったメニューです。

茶碗蒸しもプリンも挑戦したことの無かった生徒さん。

初めてたまご豆腐を作って、ご主人にびっくりされた!とか

ダシの素を止めたいなーと思いつつ、ついつい使わないと不安だった生徒さん。
圧力鍋でかんたんにダシが取れることを知って、今ではだしの素を買うこともなくなったとか。

来てくださる生徒さんからお聞きするお話、一つ一つが、私にとって大きな自信になり、そして何よりの宝物です。

そんな思い出いっぱいの第一回目のレッスンメニューの一つ「たまご豆腐」

これ、プリンと同じ要領で作れます。

お家で作れば、添加物の心配もありません。こんなにつるん♪としたたまご豆腐が作れたら、なんだかとってもテンション上がります(笑)

 
 
 

 

☆☆自家製たまご豆腐☆☆
(写真は「自家製なめたけ」をかけてます。なめたけはまた別の機会に)

材料
・たまご…2個
・あわせだし…1カップ(200ml)
・みりん…小さじ1
・しょうゆ…小さじ1/2
・塩…小さじ1/2

作り方

1)  ボウルにたまごを割り入れ良くほぐしておく(白身のかたまりがなくなるくらい。泡立てないように注意。だしに調味料を加えてよく混ぜ、溶きほぐしたたまごに少しずつ加えて、合わせる。全体が良く混ざったら、ざるなどで一度漉す。

2)  器に(1)のたまご液を流し入れ、アルミホイルで蓋をする。

3)  圧力鍋に蒸し水(1~2カップ)を入れて、蒸し台を置き、その上に(2)の容器をのせる。

4)  圧力鍋の蓋を閉めて、高圧にセットして火にかけ、沸騰してオモリが振れたら(加圧されたら)すぐに火を止める。

5) そ のまま余熱で10分ほど放置し、圧力が下がったら、蓋を開ける。やけどに注意しながら容器を取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

6)  切り分けて器に盛り付ける。

あわせだしも圧力鍋で作れます。作り方はこちらの記事をご覧ください。



うちごはんラボのレッスンは、このたまご豆腐と、鯛めし、豚バラ大根など、純和風のメニューからスタートしました。

(2013年5月の圧力鍋講座メニュー)

 

あれから12か月。

毎月のメニューを考えるのにひと苦労ですが、、試食の時に「おいしいー」って言ってくださる声や、お家に帰ってから「作りました!」って言ってくださる声にとってもとっても励まされてます。

正直なところ、教室を始める前は、「圧力鍋を専門にしてるけど、飽きてしまわないかしら…」と、ちょっと不安でした。

でも、使えば使うほど、考えれば考えるほど、奥が深くて、面白いなあと
1年前よりも確実に圧力鍋が大好きになりました。


そして、たくさんの人やいろいろなお仕事とのご縁をつないでくれたのも、圧力鍋。
これからも私のパートナーとして、いろいろなものに圧力をかけて
(人には圧力かけちゃダメ(笑))、おいしい料理を生み出していけるように頑張ります!!!!




と言いつつ、来月のレシピの詳細を固めることと、これから先のメニュー決めに
頭を悩ませている今日この頃であります(-_-;)

6月のレッスン日程は、今週中にこちらのブログでご案内予定です。
ブログでの募集に先駆けて、レギュラーでお越しくださっている皆様には、明日、日程をメールさせていただく予定です。どうぞお早目にお申込みくださいませ。


*☆*:;;;:*☆*:;;;: *☆*:;;;:*☆*:;;;: *☆*:;;;:*☆*:;;;: *☆*:;;;:*☆*:;;;:

NHKあさイチでご紹介した「一瞬加圧プリン」。
お友達のバリ猫ゆっきーちゃんがとっても素敵につくレポしてくれました。
といっても、スパイスづかいの名手のゆっきーちゃん、ちゃんとバニラビーンズを使うとか、本格的~♪さっすが!!

ゆっきーちゃん:今まで何度かプリン作ったことあったけど一番いい感じに出来たんじゃないかな~~~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


なーんて、うれしすぎです(///∇//)

そんなゆっきーちゃんのブログはこちらからどうぞ

楽しいキッチン~いつもの料理にスパイスを~


*☆*:;;;:*☆*:;;;: *☆*:;;;:*☆*:;;;: *☆*:;;;:*☆*:;;;: *☆*:;;;:*☆*:;;;:


ランキング参加中。



「1周年おめでとう!」と思ったら、下の2つのバナーをポチっとクリックしていただけると、
大変、大変、うれしゅうございます。




にほんブログ村



レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。

 


4月30日、NHKのあさイチ「スゴ技Q 圧力鍋特集」で取材していただきました。コーナーの冒頭で紹介されていた「新玉ねぎの丸ごとスープ」 (画像はあさイチホームページより拝借いたしました)新玉ねぎがごろっと丸ごと入ったスープ。「あー、なるほどねー。新玉ねぎを入れ ... 続きを読む
4月30日、NHKのあさイチ「スゴ技Q 圧力鍋特集」で取材していただきました。

コーナーの冒頭で紹介されていた
「新玉ねぎの丸ごとスープ」

 (画像はあさイチホームページより拝借いたしました)

新玉ねぎがごろっと丸ごと入ったスープ。

「あー、なるほどねー。新玉ねぎを入れて、水入れて、ベーコンとか入れてー、
固形スープの素を入れて、圧力鍋で加圧したのね~」


と思ったあなた!
ちょっと待った!!!


実はこのスープ、「固形スープの素」は一切使ってません!!!


味の決め手は、ベーコンとトマト、そしてお塩だけ。

なんてシンプル!まさに素材の味!

圧力鍋で作ると、素材のおいしさをぐんぐん引き出してくれるので、
固形スープの素を入れなくたって、うまみたっぷり、おいしく仕上がるのです。


取材にお越しくださったスタッフさんにも召し上がっていただいたのですが、

「これ、本当にスープの素とか入ってないんですよねー?でも、すっごくおいしいですね!」

と、お墨付きをいただきました。



4月のうちごはんラボ圧力鍋講座でご紹介したレシピです。
新玉ねぎが出回っているこの季節に、作ってみてくださいね!

 

 

☆新玉ねぎの丸ごとスープ☆



材料(4人分)
・新玉ねぎ…小4個(大きければ2個)
・ベーコン…1パック(50~60g)
・セロリ…1/2本
・トマト…小2個(大きければ1個)
・水…2カップ

・塩…小さじ1/2~
・こしょう…適量
・パセリ…適量

作り方
1)新玉ねぎは表面の皮をむき、上下の乾燥した部分を切り落とす。大きいものは半分に切る。ベーコンは1㎝幅に切り分ける。セロリ・トマトはざく切りにする。

2)圧力鍋に新玉ねぎを並べ、ベーコン・セロリ・トマトも入れて、水を加えたら、蓋をしめて高圧のオモリをセットして火にかける。

3)沸騰してオモリが振れたら、オモリが止まらない程度の弱火にして1分間加熱し、火を止めてそのまま圧力が下がるまで余熱で置く。

4)圧力が下がったら蓋を開けて、塩・こしょうで味をととのえる。

5)器に盛り付け、お好みでパセリをあしらう。


※新玉ねぎを丸ごと入れてるので、加圧時間を1分間にしましたが、玉ねぎをざく切りにしてしまえば、加圧時間は一瞬でOKです。(ゼロ活力なべ・オース等、超高圧の圧力鍋の場合)

※作動圧力が100kpa前後の圧力鍋の場合は、玉ねぎ丸ごとで3分、ざく切りで2分を目安にしてください。

※作動圧力が80kpa前後の圧力鍋の場合は、丸ごとで5分、ざく切りで3分を目安にしてください。



このスープ。

野菜を炒めて旨みや甘みを出す必要がなく、全部生のまま放り込んで
水を入れてシュシュっとするだけ!

ベーコンから塩気が出てくるので、塩加減は味見をしながらととのえてくださいね。


本当に手軽に、材料を切って鍋に入れて加圧調理して味付けするだけ



なんてお手軽なんでしょう!!




「今日はなんだか野菜が少ないかな?」と思ったら、お好みの野菜もいろいろ加えて、
シュシュっと作ってみてくださいね!

仕上げにパスタを加えたら、ランチなどにもぴったり!ですね。
お好みで粉チーズをふってもおいしいですよ。





このスープ、本当におススメなのに、なぜかちゃんと写真を撮ってなくて…
レシピを紹介しようと思ったのに、あさイチのホーム-ページから画像を拝借する始末…
近いうちにちゃんと撮影して、画像入れ替えしなくちゃ(-_-;)




ランキング参加中。

あさイチが放送された当日は、バブル到来!のごとく
アクセス数、ランキングともに急上昇!!!!

でしたが…

最近ではバブルがはじけて、低迷しております。

「頑張れよっ!」と、思ったら、下の2つのバナーをポチっとクリックしていただけると、
大変、大変、うれしゅうございます。




にほんブログ村



レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。

 


前回、「圧力鍋の選び方(作動圧力編)」をアップしたところ、「こんな情報待ってましたー」「勉強になりましたー」「値段の違いの意味が分かりましたー」など、いろいろなご感想を頂戴しました。マニアックな記事にもかかわらず、ご覧いただきありがとうございます。今日は ... 続きを読む
前回、「圧力鍋の選び方(作動圧力編)」をアップしたところ、

「こんな情報待ってましたー」

「勉強になりましたー」

「値段の違いの意味が分かりましたー」

など、いろいろなご感想を頂戴しました。

マニアックな記事にもかかわらず、ご覧いただきありがとうございます。
今日はその記事の続きです。



圧力鍋はメーカーや商品によって、「作動圧力」が違うということは、
もうご理解いただけたものと思います。



では、そもそも「作動圧力」が違うと、どう違うのか?

それは、「調理温度(鍋内部の温度=沸点温度)」が違いますよー。

というところも、前回記述しましたよね?



そこで、ここからが本題です


圧力鍋の本を見ると、ある本では肉じゃがを作るのに「5分」って書いてあるし、
こっちの本では「一瞬加圧(ゼロ分)」とか、「1分」とか…

同じお料理でも、本によって加圧時間が違います。
どうしてでしょうか?


本屋さんで圧力鍋のレシピ本を買ってきて、その通り作ってるのに、仕上がりがどうも満足行くものではありません。どうしてでしょうか?



これこそが、作動圧力の違いによるものなんです!



作動圧力が高い圧力鍋は加圧時間が短くて、
作動圧力が低い圧力鍋は、加圧時間が少し長めになるのです。




うーん、ちょっと難しいかな?


すっごい単純化しすぎてるけど、こんなイメージ。





系列1:作動圧力が高い圧力鍋
系列2:作動圧力が低い圧力鍋
系列3:普通のお鍋



作動圧力が高い圧力鍋(系列1)は、沸騰して圧力がかかったらすぐに火を止めました
でもグラフの系列1(青い線)を見てください。
火を止めてもまだまだ100℃以上の温度を保ってます。火を止めてもしばらくは、普通のお鍋よりも、ずっとずっと高い温度で調理している(これが「余熱調理」)わけです。



作動圧力が低い圧力鍋(系列2)は、数分間加圧しました。
110℃で横ばいになっている間は加圧中を示してます。
そのあと火を止めても、しばらくは100℃以上の温度で余熱調理しています。



普通のお鍋(系列3)は、沸騰したら、そのまま加熱を続けました
100℃で横ばいになっている部分が加熱中を示してます。
火を止めると、すぐに100℃以下に下がってしまいます


つまり、作動圧力が高い圧力鍋は高温で調理するため、
短時間でも食材にしっかりと熱を伝えることができて、
短時間で調理が進むのです。

反面、高温なので調理スピードが速すぎて、しばしば思っていた以上に火が通りすぎたり、食材が煮崩れて、溶けてしまった…なんていう失敗もありますが…。


作動圧力が低い圧力鍋でも、普通のお鍋に比べると高い温度で調理が進みます。
でも、作動圧力が高い圧力鍋に比べると、そのスピードは穏やかなので、煮崩れる失敗も少ないです。


一般的に超高圧(130kpa以上)の圧力鍋の調理時間は、普通圧(80kpa前後)のものと比べると、加圧時間が1/2~1/3と言われてます。


調理時間を取るか、仕上がり具合を取るかで作動圧力の効果が変わってきます。

また、圧力鍋の内部は、作動圧力の差はありますが、100℃以上の高温で調理しています。
普通のお鍋ではどんなにぐらぐら沸かしていても、100℃以上の調理はできません。
110℃、120℃で調理した食材は、100℃調理では出せないおいしさになることもありますよ。

「圧力鍋で調理したら、野菜嫌いの子どもが食べてくれました!」
「苦手な食材でしたが、圧力鍋で調理したものなら、食べられました!」


こんな声が聞こえるもの、もしかしたら調理温度によって、食材の知らなかった味が引き出されているからかもしれないですね。

なんだか、圧力鍋が使いたくなってきませんか?


圧力鍋を選ぶときには、金額やデザイン、大きさだけじゃなく、ぜひ「作動圧力」の違いにも注目してくださいね!あなたにピッタリの圧力鍋が見つかりますように^^



この圧力鍋の基礎知識シリーズ(勝手にシリーズ化)
「圧力鍋の選び方」というテーマで時々ご紹介していきますね。



1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村

 

 

5月の連休も過ぎ、気が付けばもう8日!!来週からいよいよ5月の圧力鍋講座がスタートします。と同時に、うちごはんラボも2年目に突入です!昨年の5月から圧力鍋講座をスタートして、ようやく1年。長かったような、短かったような。(初回講座のレッスンレポートはコチラ)毎 ... 続きを読む
5月の連休も過ぎ、気が付けばもう8日!!

来週からいよいよ5月の圧力鍋講座がスタートします。
と同時に、うちごはんラボも2年目に突入です!

昨年の5月から圧力鍋講座をスタートして、ようやく1年。
長かったような、短かったような。
初回講座のレッスンレポートはコチラ

毎月、メニューを考える時に、

●圧力鍋の魅力、圧力鍋の大事なポイントを伝えられるメニューかな?

●すぐに作りたくなるお料理かな?

●ちゃんとおいしそうに見えてる(食べておいしいのはもちろん)かな?

●これでおなかいっぱいになってくれるかな?

●栄養のバランスは大丈夫?野菜はたっぷり摂れるかな?

●最後のデザートも、作りやすいものになってるかな?

●ご紹介したお料理から、いろいろアレンジできるメニューになってるかな?


こんなことを考えてます。

単に美味しいお料理というだけでなく、お家で作れなくちゃ意味がない。
そのために、作りやすさも大切なポイントです。

今日もそんなことを考えながら、今月のレシピの最終確認をしました。

我が家の食卓に並ぶときは、講座でご試食していただくのとは違うアレンジで。


コチラが本日の晩ごはん。

自家製のラーメンがメインです。



このラーメン。実は今月のレシピからのアレンジです。

今月の講座では、「鶏チャーシューと味玉子」をご紹介します。



(こんなお料理ね)


この鶏チャーシューと味玉をトッピングしたラーメンです。

でも、スープも自家製なんです。
これ、ごくごく飲み干せるくらいおいしくって、たまらーん!!


このスープの秘密は、参加された方だけのお楽しみ♪
レシピにアレンジ技として書いておきますね!



うちごはんラボの講座の特徴として、
●アレンジ技がたくさん!というのがあります。

この食材を、これに変えてもOK!その場合は、加圧時間を調整してくださいね。
味付けはこんなアレンジもおいしいですよ。
このお料理はこんな風にアレンジして食べてもおいしいですよ。

などなど。
せっかく作った、せっかく覚えたお料理。
一つだけじゃなく、無限のレパートリーになるように、お手伝いさせていただきたいと思います。


アレンジといえば、講座でご紹介するお料理ではないけれど…
先日ご紹介したじゃがバター



今日はこんなアレンジで。

小粒のお芋を圧力鍋で蒸してから、丸ごと油で揚げて。
揚げ油の中には、ローズマリーを一枝。ローズマリーがほんのり香る丸ごとフライドポテト。

FBで出来立て画像をアップしたら、いいね!やおいしそう~♪ってコメントをいっぱいいただいたので
嬉しくなってこちらにも^^


朝ドラ「ごちそうさん」で出てきた「うまいもん」みたいでしょ(わかる人にはわかるはず)


痛恨のミスは、ビールを切らしていたということ。
あー、ビールと一緒に楽しみたかったよー。

またビール買ってきたときに、作ろうっと!




(教室からの連絡)
5月が初参加の皆さまには、先日教室までのアクセスを記載したお手紙をお送りいたしました。
そろそろポストに届いている頃だと思いますよ。
ご確認くださいませ。

万が一、今週中に届かなければ、ご連絡くださいませ。
よろしくお願いいたします。



1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村

 

 

圧力鍋研究家として活動していると、圧力鍋についていろいろご質問いただくことがあります。特に多いのが、「圧力鍋の選び方」大きさやデザイン、金額だけで選んでいませんか?まず、一番気にしていただきたいところは、ズバリ「作動圧力」何じゃそりゃ????と思った方も ... 続きを読む
圧力鍋研究家として活動していると、圧力鍋についていろいろご質問いただくことがあります。

特に多いのが、「圧力鍋の選び方」

大きさやデザイン、金額だけで選んでいませんか?


まず、一番気にしていただきたいところは、ズバリ「作動圧力」

何じゃそりゃ????と思った方も多いかもしれませんね~。
そのくらい、小さくしか記されてないけど、この数字の違いで、料理の仕上がり、調理時間など
いろいろ変わってくるのです。

蓋の上に貼ってあるシールに記載されているもの、底に刻印されているものなどいろいろです。

☆80kpa前後のもの…ワンタッチで蓋がしまる人気の〇ィファールさんは、このくらいの圧力のものが多いです。

☆100kpa前後のもの…ステンレス多層鍋で有名な〇タクラフトさんや、
カラーホーローが美しい〇リットさんのお鍋、〇ィスラーさんなど

☆110kpa~130kpa前後のもの…〇ィスラーさんのプレミアムや、〇MFさんなど、海外有名メーカーのものが多いです。

☆140kpa~150kpa(未満)のもの…〇ンダーシェフさんの「魔法の1分料理(現行品は「魔法のクイック料理」)」「マクサス」「オース」〇サヒ軽金属の「ゼロ活力なべ」などがあります。


でも、圧力の違うと、どこがどう違うの?って思いませんか?

圧力の違い=調理温度の違い

なんです。
物理の時間に習いませんでしたか?
圧力が上がると、水の沸点が上がるって。
(反対に圧力が下がると水の沸点が下がります。だから、富士山の山頂でお湯を沸かすと、100℃にならないんですよー)

80kpaの場合、115℃前後
100kpaなら、120℃前後
140kpaになると、126℃まで上昇します。

食材は高温で調理すると、早く火が通るため、作動圧力が高い圧力鍋は加圧時間が短くても大丈夫なのです。

反面、作動圧力が高い圧力鍋はパワーがあるため、ちょっと加圧しすぎると、煮えすぎて形がなくなったり、溶けてしまったりという失敗もあります。


作動圧力が低めのお鍋は、高圧のお鍋に比べると、火の通りが穏やかなので、
煮崩れなどの失敗のリスクは少なくなりそうですね。


圧力鍋を選ぶときに

●今、普通のお鍋で作っているお料理が、少しでも時短になればうれしい。でも煮崩れたり、食感が大きく違っちゃうのは嫌

というあなたは、80kpa~100kpa前後の穏やかな圧力で調理できるお鍋がおすすめ!

●とにかく少しでも早く調理したい!しっかり省エネしたい!
少々の煮崩れなどには目をつぶるよー!!!

というあなたには、作動圧力が高いお鍋がおすすめです。


そして私自身は、とにかく早く!煮崩れなんか気にしなーい!というタイプなので、作動圧力が高い圧力鍋(ゼロ活力なべ、オース)を愛用しています。
でも、高圧のお鍋じゃなくても作れることを確認するために、作動圧力が低めのタイプも使ってます。



って、なんでこんな話をしたかというと。

ちょっと前に友達と話をしていて、ふと自分でつぶやいた言葉があって

「圧力鍋って、どれもそんなに変わらないって思われてるよね。でも、メーカーや商品によって特徴が全く違うんだけど、そこが伝わらない。たとえて言うなら、アイドルグループに興味がない人は、みんなおんなじ顔に見えるけど、興味を持ってみていくと、一人一人全然違うってことに気づくよね。そんな風に圧力鍋に興味を持ってもらいたい。そのために努力していきたい」

ってね。

今回の記事。文字だらけで難しくて、
物理が嫌いな人はスルーしてしまいそうな内容だけど、ここがわかると圧力鍋の違いをすごく実感できるようになりますよ。
複数の圧力鍋を持っている方は、同じ食材を調理しくらべてみると、その違いがよくわかると思います。


圧力鍋はメーカーや商品によって、実は違いがあるってこと、少しでもお伝えできたかしら?
ぜひ、検討材料の一つにして、お気に入りの圧力鍋を見つけてくださいね!

圧力鍋のお料理教室を開催していますが、普段はごくごく普通のお母さんです。高2の娘と中2の息子。そしてアラフィフ世代の主人との4人家族です。普段の食事で気をつけてることは、とにかく「野菜たっぷり」「素材の味を大切に」ということ。そんな普段のうちごはんをご紹 ... 続きを読む

圧力鍋のお料理教室を開催していますが、普段はごくごく普通のお母さんです。
高2の娘と中2の息子。そしてアラフィフ世代の主人との4人家族です。

普段の食事で気をつけてることは、とにかく
「野菜たっぷり」
「素材の味を大切に」
ということ。

そんな普段のうちごはんをご紹介しますね。
記録用にスマホで撮影していたものです。

この日は、圧力鍋で蒸した もち米シュウマイがメイン。
中途半端に残ったもち米を消費するために、作りました。
あとは、蒸し鶏とキュウリ・トマトの中華風和え物、小松菜とジャガイモのお味噌汁。
そして炊き立てのごはんでした。



今後のレッスンメニューの試作品。晩ごはんは試作品の判定会議だったりします。

これは圧力鍋で作るバターチキンカレー。6月のカレーの候補の一つです。
これはこれですっごくおいしいんだけど、果たして皆さんに作りやすいレシピなのかどうか。
もう少し改良の余地ありそうです。
グリーンサラダは、自家製ピクルスで作ったサウザンアイランドドレッシングをかけてます。




連休中で家族がそろう日は、卓上のIHコンロやホットプレートを出して
みんなで囲むことも多いです。

この日は広島焼き。
レシピはコチラにありますよ!→ホットプレートでワイワイ!広島焼き(Nadia)

さすがに圧力鍋の出番はないですね。



またある日は

圧力鍋でシュシュっと加圧してダシを作り、それをベースにしたお鍋。
味噌味だったり、キムチだったり、しょうゆだったり、そして最近のマイブームは塩レモン&ナンプラー。
圧力鍋でダシを取ると、うまみが濃いダシがすぐに取れます。

このお鍋はワンダーシェフさんの「オース」

仕込みして、卓上に載せてが一つでできちゃう!
このビジュアルの良さですぐに購入を決めました!


残り物の厚揚げを小松菜やパプリカ、豚肉と一緒にみそ味で炒めました。
水菜のサラダは、おかかともみのりで「かつのりサラダ」に。
冷ごはんが余ってたので、煮込んだ筍の混ぜご飯に。
すまし汁の中身は、「そうめんのふし」
すまし汁のおだしはもちろん、圧力鍋で!



野菜の蒸し煮と炊き込みごはん。これは圧力鍋で作りましたよ。
出演させていただいたあさイチで、圧力鍋で炊き込みごはんを作るとおいしい!って紹介されてましたが、炊飯器の無い我が家。比べる対象がありません。
でもうちの炊き込みごはんはいつもこの作り方。

今回はしめじと人参と鮭の炊き込みごはんです。

そしてお野菜の蒸し煮も圧力鍋。

ザクザク切ったお野菜に塩豚のスライスをならべて、水1カップを入れて圧力鍋で一瞬加圧。
それだけで、野菜のうまみもたっぷりの野菜の蒸し煮ができちゃいます。
塩豚のうまみも+されて、何もつけたりかけたりしなくても、おいしいー!!




コロコロと可愛いサイズの新じゃがを見つけたので、鶏の手羽元と一緒に煮込みました。
煮込んだ…と言っても、家の圧力鍋なら、加圧時間はわずか1分!
あとは煮詰めて片栗粉で少しとろみをつければ出来上がり。
黒こしょうを多めに挽いて、ビールに合う~♪

かつおのお刺身がお手頃だったので、フライパンで簡単かつおのたたき。
わかめ、キュウリ、三つ葉、みょうが、青じそと合わせて、トマトのタレでいただきました。

お味噌汁はなすと油揚げ。

うちのお味噌汁の基本は、煮干しのおだし。
煮干しは頭とワタを取り除いてフライパンで乾煎りしてから、ミルで粉末にして保存してます。
これさえあれば、サッとスプーン1杯加えるだけで、すぐに煮干しのおだしができるので、
忙しい朝にもとっても重宝してますよ。



炊飯器がない我が家では、ごはんを炊くのも圧力鍋。
そしてこの時期、麦茶を沸かすのも圧力鍋。
毎日のごはん作りと合わせると、本当に私の生活には圧力鍋が必需品です。
もしも、圧力鍋のない世界だったら…って考えたら、ぞっとします(笑)

これからももっともっと圧力鍋と仲良くなって、お役に立つ情報やレシピをお届けできるよう、
頑張りますね。



ランキング参加中。
1クリックの応援、よろしくお願いします。



にほんブログ村

 

 

ゴールデンウィーク前半の4月29日に、出張圧力鍋講座を開催しました。この出張講座は、今は私の友人知人のご依頼でお受けしておりますができる限りでご要望にお答えしたいと思っていますので、いいなー、来てほしい!と思われましたら、お気軽にお問合せくださいませ。いつも ... 続きを読む

ゴールデンウィーク前半の4月29日に、出張圧力鍋講座を開催しました。

この出張講座は、今は私の友人知人のご依頼でお受けしておりますが
できる限りでご要望にお答えしたいと思っていますので、いいなー、来てほしい!と
思われましたら、お気軽にお問合せくださいませ。


いつもは我が家のリビングで開催している圧力鍋講座ですが、今回は教室を飛び出して、
とあるマンションの集会室をお借りしての開催です。

今回のメンバーさんは、
圧力鍋を持ってる方、持ってない方、検討中の方といろいろですが、
この講座を通じて、少しでも圧力鍋に興味を持って、圧力鍋を使いたい!と思っていただけるような構成にしています。

お忙しい主婦の方が多いため、とにかく手軽にできて、ちょっと手が混んで見えるものを!
など、リクエストにお答えする形でメニューを決めていきます。
全体で4~5品(デザート含む)ご紹介しています。



講座で使う圧力鍋は、アサヒ軽金属の「ゼロ活力なべ」
写真の3Lタイプと、少し小さ目の2.5Lタイプの2台使いが基本です。

でも他社の圧力鍋をお使いの方には、お持ちの圧力鍋とどう違うのか、
お持ちの圧力鍋だとどう変えればいいのかも、個別にご案内しています。

一言で「圧力鍋」と言っても、どれも同じじゃないんです。
その違いについてもお話すると
「知らなかったー!」
「そんなこと、考えたこともなかったー!」

皆さん驚かれますよ。


講座は基本的にはデモンストレーションです。
自分たちで作業しない分、ポイントを聞きのがすことなく、しっかりとメモできると好評です。



野菜類は基本的にすべて切った状態で用意しました。
主婦の方が対象の場合は、普段から包丁をお使いなので、切り方は見ればお判りいただける用でした。でもわからなーいという場合も、気軽に質問していただけます。
(お料理によって、切り方に特徴があるものなどは皆さんの前で切ってお見せすることもありますし、実際に皆さんに作業していただくこともあります)




調味料は、おうちだと「適当」にしてしまうこともありますが、講座ではきちんと計って作ります
(当たり前だけど)
この味付け加減が「絶妙~♪」と喜ばれてます。

調味料についても、どんなものを選べば添加物が少ないか、安心して使えるのか、
選び方のコツ、保存のコツなどもご紹介しています。



そして出来上がったお料理は

スペアリブと新じゃがのこってり煮

圧力鍋で煮込んだスペアリブは骨からほろっと外れます。
今回、お子様連れの方がいらっしゃったのですが、5歳のお嬢さんがスペアリブをとっても気に行ってくれたようで骨をもって上手に食べてましたよ。

お家にある調味料を組み合わせるだけで、濃厚でコクのあるおいしさになるんです!!

ワーキングマザーが多いメンバーだったので、
「とにかくだだーっと放り込んでサッと作れて、お野菜がたっぷり食べられるものを!!!」
というリクエストをいただきました。

冷蔵庫の残り野菜をコロコロに切って、圧力鍋でシュシュっと一瞬煮るだけの簡単スープをご紹介しました。
圧力鍋で調理すると、素材のおいしさが濃くなる感じがするので、固形スープの素などを使わなくても、うまみたっぷり、お野菜たっぷりのスープが作れます。

「今までは、固形スープの素を入れないと味が決まらないと思ってました。
でも、本当に塩で味をととのえるだけで、こんなに深い味が出るんですね!!!」

「実はセロリは苦手なんだけど、このスープに入れたセロリはおいしくて食べられます!」

試食タイムもわいわい楽しく過ごすことができました。



「この講座に出ると、圧力鍋を使おう!って気になるんです!」

「帰りに材料を全部買って帰り、すぐに復習しました!家族にも大好評でした~^^」




圧力鍋の楽しさを一緒に体験しませんか?
出張講座が気になる!という方は、お気軽にお問合せくださいませ。




自分の講座風景を写真に撮るって、なかなかできなくて、
今回は友人でフードフォトグラファーのサニーさんにお願いしました。

サニーさんのブログでは、参加者目線でレッスンレポートしてくれてます。
ちょっとほめられすぎて、照れるけど…(笑)




ランキング参加中。
1クリックの応援、よろしくお願いします。




これをレシピと呼んでいいのかは微妙ですが…。圧力鍋でジャガイモを蒸すと、ほくほく&ねっとりとした独特の食感が楽しめます。電子レンジやゆでたのとはまた違うおいしさです。そして圧力鍋LOVEな私は、やっぱりこの独特の食感がLOVEなわけでして。休日のおやつに作りまし ... 続きを読む
これをレシピと呼んでいいのかは微妙ですが…。

圧力鍋でジャガイモを蒸すと、ほくほく&ねっとりとした独特の食感が楽しめます。
電子レンジやゆでたのとはまた違うおいしさです。

そして圧力鍋LOVEな私は、やっぱりこの独特の食感がLOVEなわけでして。

休日のおやつに作りました。

とろけるバターがたまらない!!定番じゃがバター!

 
シンプルだけど、こういう食べ方、一番おいしいなーって思います。



作り方というほどのものではないけれど…。


 
圧力鍋に蒸し水(2カップ)と蒸し台、蒸しすを置いて、その上にきれいに洗った新じゃがを並べます。1個あたり70g位のお芋なら丸ごと。大きいお芋は半分に切りました。


 
圧力鍋のフタを閉めて、火にかけます。

沸騰して圧力がかかるサイン(オースの場合は、手前のグレーのオモリの上部から、蒸気がシューっと出る)が出たら、火を弱めて3分加圧(※)します。

※蒸し台を使わず、鍋に直接じゃがいもと水(1カップ)を入れて加熱する場合は、1分加圧でOKです。
※圧力値が低い圧力鍋をお使いの場合は、5分程度加圧してください。
※分量が増えても、減っても加圧時間は変わりません。


 
3分加圧したら火を止めて、そのまま圧力が下がるまで置きます。
手順通りのフタを開けたら、「蒸しじゃがいもの出来上がり」

本当はもっとたくさん蒸したのに、写真を撮る前にうっかりつまみ食いしてしまいました。
数が少ないのは、そのためです(-_-;)

ダッテ、オイシソウデガマンデキナカッタンダモン…


このホックホク、アツアツのじゃがいもをお皿に入れて、バター・塩・こしょうを振れば

 

もう、これだけでごちそうです!!


あまりにもおいしくて、母子3人で一度に1袋のジャガイモを食べつくしてしまいました。

圧力鍋でジャガイモを蒸したことがないという方も、ぜひ一度お試しください!
今までと違う味わいに出会えるかもしれませんよ!!


今回使った圧力鍋は、ワンダーシェフ「オース」4L(オレンジ)

この圧力鍋の魅力は、なんといってもきれいなカラーリング。
両手鍋なので、そのまま食卓にのせても素敵です。
我が家にある圧力鍋(7台)のうち、一番大きいサイズなので、たっぷりの分量を作る時にも重宝しています。
蓋の上部のボタンを押すだけで蓋がしっかり閉まるので、圧力鍋初心者さんにも使いやすいですよ。
一般的な圧力鍋に比べて圧力が高い(140kpa)なので、圧倒的なスピード調理ができます。
圧力がかかっている最中は、オモリの上部から蒸気が出ている状態をキープしてくださいね!

ちょっと気になるのは、時々フロートが上がりにくいことと、パッキングのつける向きがわかりにくいこと。この辺りは、お鍋の癖をしっかりとつかむ必要があると思います(これはどの圧力鍋にも言えることですが…)

圧力鍋の「ごつい」「無機質な」「可愛くない」そんなイメージを変えてくれる、おススメの圧力鍋の一つです。

気になったあなたは、ワンダーシェフさんのホームページ・Facebookページへ!

http://www.wonderchef.jp/
 
https://www.facebook.com/Wonderchef.Japan



ランキング参加中。
1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村

 

 

圧力鍋といえば、コトコト時間がかかる料理を短時間で作ってくれるお鍋。そんなイメージですが、コトコト煮込み料理だけじゃないんです!!あさイチのスゴ技Qでご紹介した「一瞬加圧プリン」のように、圧力をかける時間が「一瞬」という裏ワザをご紹介しますね。●もう吹き ... 続きを読む
圧力鍋といえば、コトコト時間がかかる料理を短時間で作ってくれるお鍋。

そんなイメージですが、コトコト煮込み料理だけじゃないんです!!

あさイチのスゴ技Qでご紹介した「一瞬加圧プリン」のように、圧力をかける時間が
「一瞬」
という裏ワザをご紹介しますね。


●もう吹きこぼれない!麦茶を沸かそう!

圧力鍋の一瞬加圧で、普通に煮出すよりも「濃く」「香り高い」麦茶が沸かせますよ!

圧力鍋での麦茶の煮出し方

※圧力切り替えがある圧力鍋の場合は、低圧でOKです。
※お茶パックの材質によっては、圧力鍋で使えないものもありますのでお気をつけください。


●一瞬加圧で、うまみたっぷりの「出汁」が取れる!
昆布と鰹節を入れて、圧力鍋で一瞬加圧。旨みたっぷりのダシがあっという間に取れます。
すまし汁・茶碗蒸し・麺類に大活躍です。

圧力鍋でのダシの取り方





●これからの季節においしいこのお野菜も圧力鍋で!

季節のお野菜も圧力鍋にお任せです!

とうもろこしのゆで方

たけのこのゆで方(こちらは一瞬加圧ではありませんが)


一瞬加圧で、蒸しナスができちゃう!!

圧力鍋で簡単!蒸しナスのピリ辛冷製

圧力鍋で簡単!蒸しナスのピリ辛冷製

by さいとうあきこ

調理時間:15分(冷やす時間は除く)
Comment

圧力鍋でナスを蒸すと、皮までとろっとろの食感に。しかも加圧時間は一瞬なので、あっという間に作れます!



●やわらか野菜にも使えます!

葉野菜や細かく切ったお野菜など、すぐに火が通るものも、圧力鍋で蒸し煮にするとおいしさが倍増!材料全部入れたら火にかけて、圧力がかかったら火を止めるだけというのもお手軽です。野菜が足りないかな…というときに使えますよ!

一瞬でできる!豚肉と千切り野菜の蒸し煮

一瞬でできる!豚肉と千切り野菜の蒸し煮

by さいとうあきこ

調理時間:15分
Comment

千切りにした野菜はあっという間に火が通ります。圧力鍋なら蒸し時間はほんの一瞬!びっくりするくらい早いのに、野菜のうまみがしっかりと引き出されていくらでも食べられます!




煮込みだけじゃなくいろいろ使える圧力鍋。
しまい込まずに、ぜひ活用してくださいね!



GW後半戦突入!!

今日はこれから、陶芸体験&フォトセミナー&懇親会という企画満載のイベントに
出かけてきまーす!





ランキング参加中。
1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村

 

 

4月30日のNHKあさイチで、圧力鍋で作るカスタードプリンをご紹介しました。早速作ってくださった方もたくさん!「作ったよー!おいしかったー!」の声がとってもとっても嬉しいです♡ありがとうございまーす!!うちのプリンは基本的に・たまご・牛乳・砂糖(・バニラオイル ... 続きを読む
4月30日のNHKあさイチで、圧力鍋で作るカスタードプリンをご紹介しました。
早速作ってくださった方もたくさん!「作ったよー!おいしかったー!」の声がとってもとっても嬉しいです♡ありがとうございまーす!!

うちのプリンは基本的に
・たまご
・牛乳
・砂糖
(・バニラオイル)

だけで作ります。

生クリームを入れたり、卵黄を増やしたりすると、もっともっと濃厚でお店で売ってるような味になるのですが、生クリームや卵白が中途半端に残っちゃうのは嫌なので(わがままかしら?)
冷蔵庫にある材料だけでできることを基本にしてます。
だから、思い立ったらすぐにできますよー!!

基本のカスタードプリンのレシピはこちらの記事でご覧ください
手作りプリンは圧力鍋にお任せ☆NHKあさイチ「スゴ技Q」


でも、一口にプリンと言っても、食感の好みは人それぞれ。
しっかりタイプが好きな方、もーーっととろとろが好きな方。
お好みの食感を見つけてもらおうということで、実験してみましたよ♪
 

もうお分かりですよね?
たまごと牛乳の比率を変えたのです。


同じ容器で作ったので、牛乳の量で出来上がりの分量が異なります。
 
すべて卵は同じ分量。違うのは牛乳と砂糖の分量だけ。


これでどのくらい食感が違うのか。
写真で伝わるかなー?



 (A) たまご1個・牛乳75ml・砂糖15~20g

 しっかりと固めの仕上がり。たまごの味がしっかりと感じられます。美味しいたまごが手に入ったら、この比率がおすすめ!


(B)たまご1個・牛乳100ml・砂糖20~25g

 Aに比べると少しなめらかさが出てきました。お皿にひっくり返して盛り付けるプリンなら、この固さがぎりぎりかな?



(C)たまご1個・牛乳150ml・砂糖30g

 
 うちの定番は、このやわらかさ。
とろとろまではいかないけど、なめらか~♪な食感が楽しめます。あさイチでご紹介したのも、この配合です。


(D)たまご1個・牛乳200ml・砂糖40g

 とろとろりーんななめらかプリン。まさに「とろけるプリン」です。
このとろとろ感も捨てがたい!!冷蔵庫に牛乳が余ってる!!なんて時は、このくらいやわらかくして、牛乳を消費してます(笑)

「このプリンは『飲み物』です(by娘)」ってくらい、とろとろーんです。





カラメルソースは、食べる時にかけてもいいし、蒸す前に入れてもOKです。
プリン液を流し込んだ後、カラメルソースを上から入れても、比重で底にたまってくれますよ。
もちろん、容器にカラメルソースを注いでおいて、その上からプリン液を流しても大丈夫です。
カラメルソース以外にも、メープルシロップをかけてもおいしいですよ♪



今回はすべて牛乳で作ってますが、濃厚なプリンがお好きな方は、牛乳の一部を生クリームに変えてもおいしいですよ。その場合、蒸しあがった時に上にクリームの層が浮いて、勝手に2層プリンになってくれますよ。



ここで、圧力鍋でプリンを蒸す時のポイント

☆蒸し水は1~2カップ。蒸し台を置いて、容器を並べてください。蒸し台がない場合は、鍋の底だけにきれいなフキンを敷いてください。この時、フキンがすべての水分を吸ってしまわないよう、蒸し水の量を多め(2カップ)にしてください

☆容器の上には、アルミホイルでしっかりと蓋をしてください。ふわっとのせただけだと、アルミホイルが蒸気の通り道を妨げてしまう危険性がありますので、容器に沿わせてしっかりと蓋をしてください。

☆圧力がかかったことを確認したら、すぐに火を止めてください。圧力がかかったことを知らせる方法は鍋によって異なります。圧力切り替えがある場合は、高圧でやってみてください。

☆プリン液を入れる容器の材質や分量、圧力鍋の種類や状態、熱源の種類等、条件によっては仕上がりに差が出ることがあります。何度か作って、ご自身の圧力鍋にベストの方法を見つけてくださいね。


 
 
レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピもちょこっと掲載しています。
あさイチプリンも掲載しています。

 



ランキング参加中。
よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村