寒くなってくると恋しくなるのがクリームシチューですよね。
この季節になると、テレビCMでもカレーよりもシチューの登場回数が増え、
スーパーの特売でも、シチューのルウが並ぶようになりました。

でも、クリームシチューはルウを使わなくても簡単に作れますよー。
圧力鍋なら、「炒めない」「煮込まない」「油使わない」

本当に入れるだけ!加圧するだけ!でできちゃう、究極のずぼらさん向けレシピです。
圧力鍋って難しそうで…って思ってる人も、これならできそうって思ってもらえたらうれしいです♪

圧力鍋で作る!ずぼらさんのためのクリームシチュー

 
  
材料(4人分)
・鶏肉…400g(塩をしてしばらく置いてから一口大に切る)
・玉ねぎ…1.5個(くし型切り)
・にんじん…1本(乱切り)
・ジャガイモ…3個(半分に切る)
・かぶ…2個(半分に切る)
・ローリエ…1枚
・水…1カップ

・牛乳…2カップ
・薄力粉…大さじ2
・ブロッコリー…適量


 
材料を並べるとこんな感じ。
鶏肉は、今回買い置きのあったムネ肉を使ったけど、もも肉でもOKですよー。
鶏肉は買ってきたらすぐに皮を下にして身の方に1%の塩をしておくと、
余分な水分が抜けて身が締まって旨みが凝縮します。
それを一口大に切り分けました。

じゃがいもは写真では4等分にしたんだけど、男爵だったからかなり煮崩れてしまって、
2等分でよかったみたいなので、レシピでは2等分にしました。


では、さっそく作っていきましょう!

1)圧力鍋に材料を入れる。

玉ねぎ・にんじん→鶏肉→じゃがいも・かぶの順番で。

じゃがいもとかぶは崩れやすいので、一番上に乗っけてます。

普通の作り方だと、油で炒めてから煮込みますが、圧力鍋なら、炒めいらず!
だから油もいりません!ヘルシー♪



たっぷりの材料が入りましたが、こちらのチェックをお忘れなく!

 

 鍋の中身が、鍋の深さの2/3(最大調理量)を超えてないか、チェック!

 



ここで、水(1カップ)を加えます。

 市販のルウの箱を見ると、ここでたくさんの水が入りますが、
圧力鍋の場合、ここで加える水は

1カップ(200ml)でOKです。

ここでたくさんの水分を入れてしまうと、加圧するまでと、
加圧後圧力が下がるまでの時間が余計にかかってしまい、
「圧力鍋なのに、全然時短じゃないよー」ってことになってしまいます。


2)圧力鍋で加圧調理する。

蓋を閉めて、オモリをセットして加熱していきましょう。
高圧の赤いオモリを使います。

沸騰してオモリがシュシュっと振れたら、すぐに火を止めます。
圧力が下がるまでそのまま置いてください。

※この時間を圧力鍋調理用語で「余熱調理」と言います。

(追記)
この加圧時間は、ゼロ活力なべ(アサヒ軽金属)を使用した場合の時間です。
他のメーカーの圧力鍋をお使いの場合は、3~5分ほど加圧してから火を止めてください。


圧力が下がったら、残圧を逃がしてから蓋を開けます。

 加圧時間はほんの一瞬なのに、じゃがいもが崩れてしまいました…。
やっぱり大きいまま調理したらよかった~泣

これ以上崩れないように、じゃがいもとかぶはここで取り出します。



3)仕上げる。

ボウルに薄力粉(大さじ2)を入れ、牛乳(2カップ)を少しずつ加えて、
だまにならないように溶きます。
これを鍋の中に加えていきます。

 だだーっと加えたら、混ぜながら加熱していきます。

しばらくすると

 
 なめらかにとろみがついてきました。

あとは塩(小さじ1~)で味をととのえて、じゃがいもとかぶを戻し入れればできあがり。

バターも油も使ってないので、味わいはあっさりです。
その分、とってもヘルシーですね。


コクが欲しい方は、バターや生クリームを加えたり、
クリームチーズを溶かしてもおいしいですよ♪


あとはお皿に盛り付けて、ゆでたブロッコリーを添えたらできあがり♪

 クリームシチューにゆずこしょうをトッピングするのがマイブーム。
シンプルな味付けなので、ゆずこしょうを加えることで味にアクセントが生まれますよ!


いかがですか?
市販のルウや、固形スープの素を使わなくても、シンプルな材料だけで
とろりんとなめらかなクリームシチューは作れます!

もしコクや深みがもう少し欲しい!というときは、塩麹で味をととのえると、
旨みがプラスされておいしいですよ♪


圧力鍋で作る、ずぼらさんのためのクリームシチュー。
材料切ったら→鍋に入れて→加圧して→小麦粉を溶いた牛乳を加えて→とろみつけるだけ
圧力鍋って難しそうで…と思っていた方に、
「こんなに簡単ですよー!」って伝わったらうれしいです♪





ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村