秋ですねー。
朝晩の気温が急に低くなって、道を歩いていると、ふわっと金木犀の香り。
店先には、柿や栗が並んでますね。

おいしいものがいっぱいの味覚の秋。いろいろ楽しみましょう!

圧力鍋で作る簡単レシピ。
本日は、今がおいしい「里芋」を使ったレシピ。

ごはんのおかずでもいいけど、おやつにもぴったりですよー。

 


 
 
里芋もちの磯辺焼き
(材料 16個分)
里芋…300g(皮つきのままきれいに洗う)
水…1カップ(200ml)

白玉粉…50g
水…大さじ3(45ml)

しょうゆ…大さじ1(15ml)
みりん…大さじ1(15ml)
砂糖…大さじ1/2

焼きのり…全型1枚(16等分に切る)


(作り方)
1)圧力鍋に里芋と水を入れて蓋を閉め、オモリ(高圧)をセットして火にかける。沸騰してオモリが振れたら弱火にして1分(~3分)加圧して火を止める。
そのまま余熱で放置し、圧力が下がったら熱いうちに皮をむき、マッシュする。

2)ボウルに白玉粉と水(大さじ3)を入れてよくこね、だまがなくなったら(1)の里芋マッシュを加えてさらによくこねる。 

3)16等分にして、手に水をつけて丸める。

4)フッ素樹脂加工のフライパンを熱して、里芋もちを並べて両面焼く。
(おもち同士がくっつかないように気をつけて!)

5)焼けた里芋もちをいったん取り出し、フライパンにタレの材料を入れてひと煮立ちさせる。里芋もちを戻し入れ、タレにからめて、焼きのりで包む。


里芋は皮つきのままゆでると、皮がつるっと気持ちよくむけますよー^^

生の里芋をむくと、手が痒くなりませんか?
私も、私の母も里芋をむくと手が痒くなる体質だったので、実家では冷凍の里芋を使ってました。
私も数年前までは、里芋といえば冷凍で買うものでした。

でも、痒くならない方法があると知り、それからは生の里芋も買うようになりました。
冷凍よりもおいしい気がする~♪

痒くならないためには

A)軽く加熱してから皮をむく
B)きれいに洗って、しっかりと乾かしてから皮をむく

このどちらかの方法なら、手が痒くなりません。

旬のおいしさ、ぜひ、生の里芋でお試しくださいませ♪


この料理、ふと思いついて作ってみたら、
子どもたちに大好評♪

なので、キチンと分量を量って、ご紹介できるレシピにまとめました。

圧力鍋の簡単レシピ、それ以外のお料理も、
レシピサイト、Nadiaにもアップしています。
こちらもぜひよろしくお願いしまーす!
里芋もちの磯辺巻き

里芋もちの磯辺巻き

by さいとうあきこ

調理時間:30分
Comment

圧力鍋でやわらかくゆでた里芋のねっとりした食感を生かしたお餅にしました。砂糖醤油の懐かしい味です。








にほんブログ村