いやー、すっかり羽を伸ばしました。
めちゃくちゃ久しぶりのブログ更新でございます。

昨日、東京に戻ってまいりました。
そして、気楽な実家里帰りのツケが体重にもしっかりと…。

という個人的理由により、久しぶりのうちごはんは、とっても「粗食」です。

 

 
☆ほうれん草の胡麻和え
☆焼きしそ巻(市販品)
☆カレイの煮つけ。骨までやわらかバージョン
☆ニラ玉のお味噌汁
☆炊き立てごはん


お野菜が少々少ない気がしますが、10日近くも留守にしていたので、冷蔵庫は空っぽ。
おまけに朝からずっと雨で、遠いスーパーまでは買い出しに行けず、近くの商店で買った
ほうれん草がメインです。

 

 少しのお水で蒸しゆでにして、冷水にとり、ぎゅっと絞ってから、
練りごま&醤油麹で和えました。

根っこの部分が甘いのよねー。

横にあるのは「焼きしそ巻」。
昨日、新大阪の駅にあるちょっとおしゃれなコンビニで見つけました。
宮城県のおばあちゃんが作ってるらしく、青じそにクルミ味噌を巻き、鉄板で焼いてるんだとか。
原材料のシンプルさも購入の決め手でした。
知らないカタカナ材料がないって、安心です。


メインのおかずは、冷凍庫にあったカレイを煮つけにしたもの。
圧力鍋を使って、骨まで食べられるバージョンに仕上げました。

 

 酒・みりん・砂糖・水を熱した中にカレイをならべて、高圧で加圧すること20分。
圧力が下がったら、ふたを開けて醤油を加えて少し煮詰めてできあがり。

最初から醤油を入れてないのに、煮あがったカレイは真っ黒になっちゃいます。
カレイから色が出るのかな?
これ、最初から醤油を入れて煮る方が絶対においしいのですが、色が真っ黒になっちゃうのが
いただけません。

何とかいい色で、しかもおいしく煮る方法ってないかしら?
ちょっと研究の余地がありそうです。


煮魚がテーブルに並ぶと、息子君が必ず「これ、骨食べられる?」と聞いてきます。

「食べられるよ!」と答えたら、

「ひゃっほーい!!」と、上機嫌になりました。


あとは、味噌汁とごはん。

 

 
 帰省中に留守番していたパパが買ったらしいニラが残ってたので、それを使って、ニラ玉汁。
炊き立てのごはんがおいしくて、食べ過ぎ注意です。

あっ、このお茶碗は娘用。
私は子供用の小さな茶碗に、ごはんを少しだけ。
無駄な抵抗とは思いつつ、実家で身に着けた「お肉」を減らさないとね。


実家に帰省中も、なるべくキッチンには立つようにしてました。
離れて暮らしている分、実家にいるときくらいご飯を作るのも、親孝行のうちかと。

もしかすると両親には薄すぎる味付けだったかもしれませんが、
おいしい、おいしいと食べてくれて、とっても嬉しかったです。

ブログはお休みしてても、お料理はあんまりお休みしてないんですよ。
お料理を作るのは、私の大きな楽しみですからね^^



5月から、料理教室をスタートすべく、メニューのピックアップなど準備を進めております。
4月中旬にはご案内予定です。

興味がある!という方には、優先的にご案内を差し上げます。
お気軽にメールしてください。

akimikan2012@gmail.com




ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村