圧力鍋で作るおせち料理シリーズ。
今回は、子どもも大好き!私も大好きな栗きんとんです。


画像は、またまたお友達のブログから拝借してきました。
本当に彼女は写真も上手。盛り付けのセンスも抜群です♪

ゼロ活力なべで作る栗きんとん。

安納いもで作ると、くちなしの実を入れなくてもきれいな色!しかも甘さもねっとりなめらかな舌触りも最高です。

(材料)
・さつまいも(安納いも)…大き目のもの3本程度、800g位
・水…1カップ
・栗の甘露煮…小1ビン

(作り方)
1)さつまいもは、3㎝厚さに切り分け、皮を厚めにむいて、水にさらしておく。

2)ゼロ活力なべにさつまいもと水1カップを入れて蓋をし、赤いオモリ(高圧)をセットして火にかける。

3)沸騰してオモリがしっかりと振れたら、オモリが止まらない程度の弱火にして1分間加熱し、火を止めて余熱で放置する。

4)圧力が下がったら、蓋を開けてさつまいもをつぶす。ヘラなどで押せば簡単につぶれるくらい柔らかくなります。(なめらかにつぶせるので、裏ごしの必要はありませんが、皮に近い部分の繊維が気になる場合は、裏ごしするとよりなめらかに仕上がります)

5)栗の甘露煮のみつを加えて中火で加熱してぽってりするくらいまで煮詰め、栗を加えて温める程度に加熱する。(冷えると固くなるので、少しやわらかめで火を止める)

甘さが足りない場合は、お砂糖(上白糖)を加えてください。

私はこのほんのりとした自然の甘さが好きなので、お砂糖をくわえませんが、その分傷みやすいので、お早めにお召し上がりください。




ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村