この連休中、

「圧力鍋で、たけのこ茹でましたー!」

「お友達との持ち寄りパーティーのお料理、圧力鍋でばっちりでした!」

「両親を招いて、手料理でおもてなし。圧力鍋料理が役立ちました!」

などなど、うれしい報告をいただいてます。

はぁー、幸せ♡


うちごはんラボに来てくださる受講生さんは

・圧力鍋を持っていたけどなかなか出番がなかった
・圧力鍋、うちにあるけどなんとなく怖くて使えない

という人が大半ですが、
中には
・これから圧力鍋デビューしたいけど、どんな料理ができるのか、
何を選べばいいのか、わからないー!


という方も。



人生いろいろ、お鍋もいろいろです。


bf66a391.jpg
(圧力鍋協議会に参加するメーカーさんの圧力鍋たち)


そこで今回は、「圧力鍋の大きさ」にこだわって、お話ししていきますね。






 圧力鍋の大きさは、『リットル』であらわされます。

家庭用として販売されているものは、

小さいものだと、2.5リットルから、大きいもので、6リットル。

業務用などになると、30リットルなどというものもありますが… 
それは管轄外ということで…



では、この2.5リットルとか、6リットルってどうやって計ってるの?

この絵を見てください(画力のなさは、ご愛敬…笑)
image

圧力鍋のサイズ表記に使われるリットルは、

一番上のライン「満水容量」のリットル数です。
これが、2.5リットルだったり、4リットルだったり、6リットルだったりするわけです。


圧力鍋に限らず、鍋の容量は「満水容量」で表示されます。
これは、「家庭用品品質表示法」で定められているのです。


(消費者庁のHPより)
  • 縁までの容量(本体に水を入れて、水が溢れた際に残った量)をリットル単位で表示する
  • (許容範囲は、容量を表す数値の±5%以内)。


しかーし!

圧力鍋の場合、実際に調理できる量は、この満水容量ではありません!

実際に調理できる量は、その下のライン「2/3」のところまで。

現在販売中の圧力鍋は、必ず鍋の側面に印がありますよ。
(印がないと、製品審査に合格しないので)
書き方は、「最大調理量」だったり「MAX」だったり「2/3」だったりいろいろですけどね。

ということは、実際に調理できる量となると、

・2.5リットルの圧力鍋の場合   1.66666…リットル
・3.0リットルの圧力鍋の場合   2.0リットル
・6.0リットルの圧力鍋の場合   4.0リットル


となります。
以前の記事でご紹介した麦茶を沸かす時は、
この最大容量(2/3のライン)のリットル数まで一度に沸かせるということです。


では、一番下のライン「1/3」は何かというと、
お豆を調理するときの最大調理量です。
こちらも鍋の側面に印がありますが、
「1/3」だったり「まめ最大」だったり、「Beans level」だったりいろいろです。

圧力鍋なら、お豆が早く茹でられるから、一度にたくさん!と思っても、
この1/3のラインを越えての調理はできません!!!
これは、お豆だけじゃなく、煮汁やそのほかの食材を加えての最大量なので、
ご注意くださいね。


ここまで書いてくると、

「じゃあ、大きい方がたくさん作れて便利よねー」

と思った方も多いかもしれませんね。

でも、ここからは個人的見解なのですが、

世の中では、「大は小を兼ねる」って言いますけど、
圧力鍋に関しては、「大は小を兼ねない」って断言してます

大きい圧力鍋は、確かに一度にたくさん作れるのですが、
その分、

・中身が入ると、重い
・かといって、少ない量だけ作ると、なんとなく損した気分になる(笑)
・後片付けの洗うのが大変、一度片付けると出すのが億劫になる

こんなお悩みが出てきてしまいます。


私のおすすめのサイズは、
3.0リットル~3.5リットルくらいのサイズです。


このくらいのサイズだと、浅型が多いので、調理中の鍋の中が見やすくて、
中のものも取り出しやすく、洗うのも楽々。

我が家は4人家族ですが、ほとんどの料理がこの大きさで大丈夫です。
(足りないのは、おでんの時と、作り置き用のカレーやシチューの時、
そして大きなたけのこを茹でるときくらいかな)

圧力鍋講座は、6名満席ですが、ほとんど3リットルサイズで大丈夫ですよ。
時々「超ギリギリ(;´・ω・)」ってこともありますが、安全には万全の注意を払ってます。

だから、よほどたくさん召し上がるとか、
一度に10人前作るとか、大家族ですって事情がなければ、
3リットルをおすすめしています。


まずは小回りが利くタイプのものを使ってみて、
使いこなせるようになって「もっとたくさん作りたいー」って思ったら、
その時に大きいお鍋を買い足しても、間に合いますからね。


最初に大きい圧力鍋を買った人は、2台目は小さ目サイズを選ぶことが多いんです。
反対に最初に小さい圧力鍋を買った人は、2台目も同じサイズを選ぶことが多いんですよ。



とりあえず、デビューの1台を選ぼう!という時は、
3リットル程度のお鍋がおすすめです。




圧力鍋の選び方として、一般的には
「家族の人数+1」のリットル数などと言われてますが、
それだと大きめサイズになっちゃうんですよねー。
だって、4人家族だと、5リットルってことでしょ?


今まで20台以上の圧力鍋を実際に使い比べてきたけれど、
いろいろな大きさがある中で、やっぱり3リットル前後って、かなり使いやすいです


これから圧力鍋デビューを考えている方、もう一台を選びたい方、
何かの参考になればうれしいです。

圧力鍋の使い方に悩んだら、基本の「き」から学べるお料理教室
うちごはんラボにいらっしゃーい♡

実際に圧力鍋の使い方や構造、選び方などなど
詳しくご紹介しています。

圧力鍋を使うのが楽しくなっちゃう。
圧力鍋の出番が格段に増えちゃうお料理教室です。


5月の講座は明日スタート
まだ間に合いますよー。
0501-6

圧力鍋で骨からほろっと身が外れるスペアリブと、
新玉ねぎのスープなどを作ります。


お申込みはこちらから
お申込みフォーム




LINE読者登録、大歓迎!
更新したら、LINEでお知らせが届くので、最新情報を逃さずチェック!