今、この本を読んでます。
2017-06-02-11-10-09

同じことを伝えるのでも、伝え方次第で結果が変わる。
それを実感した出来事がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日のこと。
息子(高2)にキレました。


原因はお弁当。

2017-06-01-06-53-42

 今週で一番彩りがきれいなお弁当だったかもしれない。
それで私自身がちょっとうれしくなっていたのかもしれない。


夕方帰宅して、お弁当箱を出してきた息子
(我が家では、お弁当箱は自分で洗います)

息子:「あー、今日は食べる時間全然なかったわー」

と、ゼリーだけを食べて、後はためらいもなくごみ箱へ…

ふと見ると、おかずは全くの手つかず。
おにぎりだけは何とか食べたみたいだけど…

母:「ちょっと悲しいわ…」

ぽつりとつぶやいたら

息子:「しゃーないやん!時間ないねんから!!!(息子は家では関西弁)」
と、逆切れ。


母:「そんなんいうんやったら、明日からおにぎりだけ持って行け!!!」

売り言葉に買い言葉。なんだか嫌な気持ちになるよね…



たとえ親子の会話でも、伝え方に注意すれば、もっと優しくなれるのに…


では、模範解答を見てみましょう(笑)




息子:「あー、今日は全然食べる時間なかったわー。残してごめんなー
まずは、謝罪の気持ちを伝える。これが一番大事。

母:「そうかー、練習で忙しいんやなー。しゃーないわ。
   さすがに朝作ったやつやから、食べられへんよなー。
   もう処分してー
。もったいないけど」
残念だけどお弁当を処分することを母が決めたから、納得してる

息子:「わかった。おいしそうやったから、食べたかったわ
赤字のコメントが言えたら、very good!!

母:「そんなに時間ないんやったら、明日はおにぎりだけにしよか?」
怒りでおにぎりだけにするんじゃないから、気持ちが穏やか

息子:「うん、そうしてー。ありがとう
最後のありがとうで、早起きの苦労も報われる


こんな風に穏やかに会話できて、どちらも嫌な気持ちにならないのにね。


今回、私の中で怒りの感情が出てきたのは、
「残してごめん」 がなかったから。
時間がなかったから残してしまうのは仕方ないけど、


・体重を増やしたいので、お弁当はしっかり目にしている
・食べる時間がないのは知ってるから、合間で食べられるようにおにぎりにしている
・朝練のため、いつもより30分早く起きて作っている

という、母の思いをわかってないんだよなーって思ってしまう。

一部始終のやり取りを、横で見ていた娘がポツリ
「あいつ(弟)は、やってもらって当たり前と思いすぎ!甘えてるわ。」

一人でも理解者がいることで、幾分救われる母でありました。



まあ、その腹いせに、今日はこんな弁当にしてやったぞ!
2017-06-02-06-28-21


本当におにぎりだけ。

毎朝インスタグラムにアップしてるけど、あまりにも絵にならないので。
「ポツン構図(笑)」で。




あっ、冒頭でご紹介した本は、親子関係の話じゃなくて、
人に何かを伝えたいと思ったら、「ちからのある言葉」を作る極意が
掲載されてます。

フォトコミュニケーション協会の渕上真由先生から、
「あきさんは、絶対に読んだ方がいい!!」と強くお勧めされました。
読むたびに、ふむふむと学びがたくさんありますよー。おすすめ♡

おすすめといえば、真由先生が発行している
写真を通して幸せになる
90のハートフルフォトレッスン

という無料のメール講座もおすすめです。
私も受講中。完全無料でこの内容!ってくらい、充実してますよ。




現在募集中の講座

◎6月の圧力鍋講座
圧力鍋で絶品鯛めしと、初夏のおもてなし和食

http://atsuryokunabe.blog.jp/archives/15712741.html



◎7月7日スタート!
超☆初心者さんのための圧力鍋入門講

http://atsuryokunabe.blog.jp/archives/16077590.html



LINE読者登録、大歓迎!
更新したら、LINEでお知らせが届くので、最新情報を逃さずチェック!