もうすぐ父の日ですね。

世間での父の日のイメージといえば、
「ビール」「お酒」「甚平」といった感じですが(笑)
ビールによく合うお料理もいかがでしょうか?

お父さんはもちろんのこと、お子様も喜ぶ甘辛味。
ビールにもごはんにも合いますよー♡


圧力鍋で!
ぜひ、作ってみてください!

(そういえば、暑くなってきたから圧力鍋は棚の奥にしまっちゃったーという人も、
ぜひ引っ張り出してきてね!)




実は、ニンニクが苦手な私ですが、このレシピはニンニク抜きでは成立しない。
そんな最強レシピです。

つやつや、てりてりの手羽が、たまりませーん。
もう、手づかみで、口の周りべったべたにしてしゃぶりついてくださいませ♪





 

☆☆圧力鍋で1分!? 鶏手羽の甘辛ガーリック煮☆☆

材料(4人分)

・鶏手羽元…12~20本くらい


(調味液)
・しょうゆ…大さじ2
・はちみつ…大さじ2
・酒(またはワイン)…大さじ1
・にんにく・しょうが…各10g(すりおろす)
・ケチャップ…大さじ1
・ウスターソース…大さじ1

・水…3/4カップ(150ml)


(仕上げ)
・しょうゆ…大さじ1/2
・片栗粉…大さじ1(大さじ2の水で溶いておく)
・粗びき黒コショウ…適量


作り方


1)ボウルに鶏手羽元と調味液の材料を入れてよく揉み込み、10~30分ほど置く。

 

2)圧力鍋に(1)の鶏手羽元を漬け込み液ごと入れ、分量の水を加える。


3)圧力鍋のフタを閉めて、オモリをセットして火にかける。
沸騰して圧力がかかったら、1~5分加圧して火を止める。

・120~146kpa…1分
・100~120kpa…3分
・80~100kpa…5分


4)火を止め、圧力が下がるまでそのまま余熱でしばらく置く。
圧力が下がったら、手順通りにフタを開ける。


 
  

5)そのまま軽く煮詰める。

 


6)仕上げのしょうゆを加えて、水溶き片栗粉でとろみをつける。
お皿に盛り付け、お好みで粗びき黒こしょうを挽く。





この味付け、本当に最強です。
何が最強って、これを作ると、お皿に残った煮汁を子どもたちが
こぞって白ごはんにかけて、

「ウマー!!!」って大絶賛!

この煮汁があれば、白ごはん3杯は食べられる!と豪語する最強の味。

今回は、鶏手羽元で作りましたが、
 
 
手羽中でもおいしいですよー!
(加圧時間は、手羽元より短めでOK!)
 
 
 
先月(5月)の圧力鍋講座では、スペアリブを使って、新じゃがいもと組み合わせました。


0501-6


スープとサラダがあれば、献立も決まります!

この味付けは、本当に大好評で、
皆さん「タレかけごはん」で楽しんでいただきました^^

行儀悪いけど、おいしいんだもん♪


父の日に。
いや、父の日じゃなくてもぜひどうぞ♪

ちなみに、うちの旦那さんはお酒が飲めないので、
世間一般的な父の日ギフトは全くといっていいほど響きません(笑)




現在募集中の講座

◎6月の圧力鍋講座
圧力鍋で絶品鯛めしと、初夏のおもてなし和食

http://atsuryokunabe.blog.jp/archives/15712741.html



◎7月7日スタート!
超☆初心者さんのための圧力鍋入門講座

http://atsuryokunabe.blog.jp/archives/16077590.html



LINE読者登録、大歓迎!
更新したら、LINEでお知らせが届くので、最新情報を逃さずチェック!