今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。

スーパーでも、そろそろ見かけるようになってきました。

旬のたけのこ。

たけのこって、茹でるのが面倒で
ついつい水煮のものを買ってしまう

という方も多いかもしれませんが、

家でゆでた たけのこ は味も香りも、最高!

圧力鍋なら、本当に時短!簡単!に作れます。


ってことで、今回の動画レシピは、



チャンネル登録も、よろしくお願いします!



今回、ちょいとオープニングタイトル、頑張りました。
力作(?)なので、ぜひご覧くださいっ!

とはいえ、レシピというほどのものでもなく、
超簡単なんですけどね。


とりあえず、レシピはレシピサイトNadiaでも公開しています。
圧力鍋ごとの加圧時間も載ってます。


決定版!圧力鍋でたけのこの下茹で(米ぬか不使用)
普通のお鍋だと時間がかかるたけのこの下ゆでは、圧力鍋を使うと簡単です! 米ぬかは使わないので、手軽にできます。 買ってきたらすぐに茹でるのがおいしさのポイント。 簡単にできるこの方法なら、朝堀りのたけのこを、お出かけ前にゆでちゃうこともできますよ! 旬の味覚を味わってくださいね!


☆☆圧力鍋で時短!簡単!たけのこのゆで方☆☆


・たけのこ    1本
・米のとぎ汁    適量
(なければ、水適量と 米大さじ1)


1)たけのこは綺麗に水洗いする。
穂先を切り落とし、 縦に半分に切って、外側の皮を半分ほど剥く。
穂先の色が変わっている部分は切り落とす。

(大きいたけのこの場合は、鍋に入る大きさに切る)


2)圧力鍋に(1)のたけのこと、
たけのこがかぶるくらいまで 米のとぎ汁を入れる。

(とぎ汁がなければ、水と米を入れる)
※この時、鍋の最大調理量(鍋の深さの2/3)を超えないように注意する

3)ふたをして火にかけ、沸騰して圧力がかかったら、
圧力をキープする火力に調整して、3〜10分加圧調理する。


4)時間になったら火を止めて、そのまま圧力が下がるまで余熱で置く。

5)圧力が下がったらふたを開けて、そのまま茹で汁につけたまま冷ます。

6)冷めたら、たけのこを水洗いして、残っている皮などを取り除き、
水につけて冷蔵庫で保存する。




たけのこ。
母が好きでねー、春になると、よく買ってました。

「今日は朝堀りのたけのこがあったわー♡」
って、嬉しそうに。

「買ってきたらすぐにゆでなくちゃ!」
って、
家で一番大きな鍋を出してきて、

米ぬか入れて、鷹の爪入れて、
たけのこが浮かないように、皿を重しにして、

コトコト、コトコト
コトコト、コトコト


1時間〜2時間も!

途中、

ブワー!!! 

って、吹きこぼれて、
コンロの上が大惨事。
なんてことも、何度もあったなー。



だから、たけのこをゆでるのは、大変っ!
だから、私は、別にいいわー。

って思ってました。

実家が近かったので、
「茹でたたけのこ」や「出来上がった料理」を
もらえたし。
ありがたいよね、実家。



でも、圧力鍋を使うようになって、
圧力鍋なら、簡単にゆでられることをで知ってからは、

たけのこを買うようになったし、
ゆでるのも、億劫じゃなくなった。

茹でたものや料理したものを実家に持って行ったりして、
ささやかながら、恩返しを。


家でゆでたたけのこは、本当に美味しい。
その美味しさを教えてくれた母には、本当に感謝だわ。

そして、その美味しさを、時間や手間をかけなくても、
味わうことができる、圧力鍋にも、感謝感謝なのです。



是非、圧力鍋でたけのこ、ゆでてみてくださいねー。

とにかく、買ってきたらすぐゆでる!が大切です。
鮮度が落ちると、えぐみやあくが増えるので、

たけのこは、

TSYで!



TSY= T(とにかく) S(すぐ) Y(ゆでて)

ですっ!



たけのこ-1

ゆでたたけのこは、水につけて保存してあります。
毎日水を換えて、3〜4日で使い切ってくださいね。


さ〜て、今日は何を作ろうかな?




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


読売新聞をご購読のご家庭に配布される「読売家庭版」
4月号に掲載していただきました。
桜0321-6


詳しい内容は、こちらから!