今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。

米油で作る、にんじんの塩きんぴらのレシピ。

塩きんぴら。って名前の通り、そのまま塩で炒めただけ!
ですが、あるととっても便利なのです。


ボーソー米油部 第2期メンバーとして活動してます。
米油でもう一品!副菜レシピ
米油でもう一品!副菜レシピ  



☆米油で!にんじんの塩きんぴら☆
 

材料(作りやすい分量)
・にんじん 中2本

・米油 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少々

にんじん-1

1)にんじん は、千切りにする。
(頑張るのは、ここだけ!)

2)フライパンに米油を熱し、にんじんと塩を加える。
にんじん-2

3)3分ほど炒めて、全体がしんなりしたら、こしょう を振る
にんじん-3

にんじんが、くたっと柔らかくなったら、できあがり。



これを保存容器などに入れて、冷蔵庫に入れておけば、
とっても便利なのです!
(冷蔵庫で5日ほど持ちます)


使い方*その1  3色ナムルの1つに。

0127-6

ほうれん草やもやしのナムルと合わせて盛り付けて、ゴマをかける。
これをごはんに乗っけて、お肉類や卵をプラスすれば、ビビンバにも!



使い方*その2  そのまま、お弁当のおかずの一品に
過去の写真を探してみたら、ほらね、よく登場しています。

IMG_6319 
IMG_3798

IMG_1992
IMG_3517
IMG_5648
赤やオレンジの色合いが欲しいときには、重宝するのです。
 

使い方*その3 肉巻きの具として
IMG_3318

もう、火が通っているので、薄切りのお肉で巻いて焼くだけで、
見た目も美しい一品に。

インゲンなどと一緒に巻くと、さらに美しい♡



使い方*その4 サラダの彩に

そのまま、サラダのトッピングにしたり、
ポテトサラダやマカロニサラダに加えても、すぐに食べられます。



にんじんって、ちょっと火が通りにくいので、
他の材料と合わせるときには、タイミングや切り方を考えないといけないけど、
これなら、すでに日が通ってるので、すぐ使えます!

しかも、にんじんって、(私の好み的には)高温で調理した方が、
甘みがしっかりと出てくるので、「炒める」という調理法は、
にんじんの甘さを存分に感じられます。

作り置きしておくと、ぱぱっと使えて、
とっても甘ーいにんじんの塩きんぴら。

簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。