圧力鍋で 時短!簡単!うちごはん♪

毎日使える、使いたくなる。圧力鍋の便利技やレシピをご紹介します。 圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ」の講座情報も。

カテゴリ: ◆圧力鍋のお料理教室 うちごはんラボ

もうすぐ、東京に引っ越して1年になろうとしてます。こちらに来てからも、素敵なお友達に出会い、たくさんの刺激を受けて、少しずつ前進しようとしてます。そんな私の背中を押してくれる大切なお友達の一人、honeydropさんから、コラボレッスンのお誘いをいただきました~。 ... 続きを読む
もうすぐ、東京に引っ越して1年になろうとしてます。
こちらに来てからも、素敵なお友達に出会い、たくさんの刺激を受けて、
少しずつ前進しようとしてます。

そんな私の背中を押してくれる大切なお友達の一人、honeydropさんから、
コラボレッスンのお誘いをいただきました~。

本当に、持つべきものは友!!

日頃honeydropでパンやお菓子を習っている皆さんの中に、圧力鍋に興味がある方がいらっしゃるそうで、「それなら、講座やろうよ!」と声をかけてくれました。




開催決定!「圧力鍋だから時短!春のお祝い膳」

honey dropさんのブログでもとても素敵にご紹介いただいてます^^→☆☆☆


注:写真はイメージです。当日ご紹介するお料理と異なります。

 
うれしいことが多い日にササっと作れるお祝いのお料理をご紹介します。メニューはただいま絶賛悩み中なのですが、

・普通のお米で作る本格お赤飯(炊きおこわ)

昔からおめでたい時といえば、お赤飯。

でも、「そんなの作れなーい!」
「いつもお店で買ってます!」という方にも、
あっという間に簡単に作れちゃうお赤飯をご紹介します。

しかも、「もち米」ではなく、いつものごはんと同じ「うるち米」で作るから、とっても手軽。
思い立ったら、すぐに作れるお手軽!お助けレシピです。

これを覚えれば、あなたもお赤飯名人になれちゃうかも!?


・一石二鳥クッキング!鶏手羽先で2品!

鶏の手羽を圧力調理すれば、身がほろっと骨から外れるのでとっても食べやすい!
しかも短時間で火が通り、ゆで汁は旨みたっぷりのスープに!とまさに無駄なし!

圧力鍋で下茹でした鶏手羽を、季節のお野菜と一緒にフライパンでササっと仕上げて、
メインの一品にしますよ!うまみたっぷり、ジューシーな手羽を味わってください。

写真はイメージです。
季節のお野菜と合わせて、おいしい一品に仕上げます。
 


そして、ゆで汁はこんな料理にしましょう!

・とろりーん。名人級の茶碗蒸し

最近の我が家のブーム。とろりーん♪なめらか茶碗蒸し。

スが入って口当たりが悪くなったり、火加減の調整が難しかったり…。
「私には無理~!」と思っている方も、この方法ならめっちゃ簡単!
中の具を工夫すれば、いろいろとバリエーションも可能です。

こんなになめらかな茶碗蒸しが作れたら、旦那の目がハートになっちゃうかも(笑)


あとは、圧力鍋の余熱時間中にササっと作れる簡単なおかずなど、ご紹介します。
忙しい主婦が、習ったその日に作りたくなるお手軽レシピ♪

デモンストレーション形式なので、エプロンは不要です。
作ったお料理はランチとしてお召し上がりくださいね^^
さらに、honey dropさんのおいしいスペシャルデザートも付きます!(めっちゃ楽しみ♪)



・毎日の献立に悩んでる方
・忙しくてお料理に時間がかけられない方
・圧力鍋は持ってるけどあまり使いこなせてない方
・圧力鍋って使ったことないけど興味がある方
・どんな味が食べてみたい方(笑)



こんな方のご参加をお待ちしております。

今回使う圧力鍋は、アサヒ軽金属の「ゼロ活力なべ」。
このお鍋に興味がある、広告を見て気になっているという方も、大歓迎ですよ🎵


・開催日時 2013年3月8日(金) 11時スタート(終了予定13時)
・開催場所 honeydrop(東京都調布市)

(2/24追記)3月8日は、満席になりましたので、日程を追加しました。
3月7日、午前11時スタートです。
ご予約フォームには、7日の日程のみ記載しています。


京王線国領駅北口から徒歩12分
       
※場所の詳細はお申込みの方にお知らせいたします。


・受講料 3500円
・定員 6名(女性のみ)※お子様連れ可

お申し込みはhoneydropさんのお申込みフォームからお願いします。




たくさんの皆様とご一緒できることを楽しみにしてます。



圧力鍋研究家 さいとうあきこ


ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村


おはようございます。今日はお友達から届いた声をご紹介しますね。去年まで大阪に住んでいた我が家。結婚以来、同じマンションに16年も住んでいたので、ご近所さんもとっても仲良しで、しょっちゅう誰かのうちに集まって、食べて飲んでました。そんな仲良しの友人達は、私が ... 続きを読む
おはようございます。

今日はお友達から届いた声をご紹介しますね。

去年まで大阪に住んでいた我が家。
結婚以来、同じマンションに16年も住んでいたので、ご近所さんもとっても仲良しで、
しょっちゅう誰かのうちに集まって、食べて飲んでました。

そんな仲良しの友人達は、私が使っているのを見て圧力鍋デビュー。
飲み会の折に簡単なお料理をご紹介していたら、もうすっかり虜に。

使い始めてからは、
「私、去年まで何を作ってたんだろう…って思うくらい、毎日煮込みまくりやで!!」


 
そんなお友達、Iさんからのメール。
(Iさんは、中学生の息子さんと小学生の娘さんを持つワーキングマザーです)



おはよう!
先週、胃腸炎で寝込んでてんけど、子どもたちのごはんは作らなあかんやん。

こっちはお腹がすかないし、それどころか胃がムカムカするし、
台所に立つのも嫌で、味見なんてできない状態。

そんなときは、圧力鍋の登場!!

 

 
ある時は

材料を適当に入れて(キャベツ・玉ねぎ・にんじん・ベーコンなど)、
水入れて、シュシュ!っと圧力調理。

出来上がったら、子どもたち呼んで、
「好きな味付けして食べてー!!」って。

だって、こっちは味見できへんねんもん!!!


またある時は

玉ねぎ・ジャガイモ・にんじん・ひらひらのお肉と、水と醤油とみりん適当に入れてシュンシュン~

半分は糸こん入れて、肉じゃがに。
もう半分はカレールー入れてカレーに。

こんな感じで、圧力シュンシュンいわせまくり~!!で
乗り切れました!

ほんま、圧力鍋サマサマやったわ。


ありがとう🎵


いえいえ、お礼を言いたいのはこちらの方です。

Iさん、ネタにすること了解してくれてありがとうね。



圧力鍋に出会って、毎日の料理がすっかり変わったというIさん。
この感動をたくさんの方にお伝えしていきたいと思います。

料理教室はただいま準備中です。


ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村


おはようございます。今日はとっても嬉しいお知らせです。2月20日、お友達の教室で、コラボレッスンをさせていただけることになりました!募集もスタートしました!  2/20 圧力鍋DE豆料理(1dayコラボ)のお知らせ今回の講座、テーマは豆。圧力鍋を使って、デモンストレ ... 続きを読む
おはようございます。

今日はとっても嬉しいお知らせです。

2月20日、お友達の教室で、コラボレッスンをさせていただけることになりました!

募集もスタートしました!

 

 
2/20 圧力鍋DE豆料理(1dayコラボ)のお知らせ


今回の講座、テーマは豆。
圧力鍋を使って、デモンストレーション形式で、ご紹介していきます。

「見てるだけ~♪、食べるだけ~♪」でOKなので、お気軽に参加してください。


この前作った、チリビーンズ。

 

この料理も、「チリ」を抜いてお子様でも食べやすいレシピにして、ご紹介予定です。

圧力鍋で作るから、あっという間に出来上がりますよー。

そのほかのお料理も、すぐに作れるような簡単&シンプルなレシピでご紹介します。

作ったお料理は、当日ランチとしてお召し上がりいただきます。

そしてこのランチには、今回のコラボを企画してくれた
ひだまりcafeの稲垣多佳子先生が作ってくださる素敵な飾り巻きずしもご用意いただきます。


お子様連れでの参加も大歓迎です。
ぜひ、豆料理を身近に感じて、食卓に登場させてくださいね。

子どもって、結構お豆が好きですよー。
うちの子どもたちも豆があると「止まらないー!!」って
ゆでただけのお豆をパクパクつまんでます(笑)


参加、詳細はこちらから
2/20 圧力鍋DE豆料理(1dayコラボ)のお知らせ


私の相棒、ゼロ活力なべちゃんを持ち込んで、デモンストレーションします。
広告で気になってた、ゼロ活力なべ見たい!圧力鍋について、いろいろ聞きたい!
なんて方も、お気軽にご参加くださいませ。






今回、コラボの声をかけてくれたのは、大倉山で飾り巻きずしの教室をされている
ひだまりcafeの稲垣多佳子先生。

昨年の夏に、料理写真教室で知り合って、意気投合!

仕事を辞めて見知らぬ土地に来て、「ふぬけ」になってた私のお尻を叩いてくれた、
大切な友人の一人です。

今回も、私が圧力鍋研究家としてスタートすることを自分のことのように喜んでくれて、
すぐに、この企画を立ててくれたのです。

持つべきものは友!本当に素敵なご縁に感謝です。



おまけ。
昨日、講座募集の素材に使うお豆の写真を撮っていて、ちょっと遊んじゃいました。

 

お豆で、スマイル!

 
 

ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村


前回の記事の続きです。この記事から読み始める方は、先にこちらの記事をお読みください。圧力鍋研究家になるまで(その1)圧力鍋研究家になるまで(その2)圧力鍋研究家になるまで(その3)調理器具のメーカーで、日々寄せられるお客様からの喜びの声に後押しされながら ... 続きを読む

前回の記事の続きです。

この記事から読み始める方は、先にこちらの記事をお読みください。

圧力鍋研究家になるまで(その1)
圧力鍋研究家になるまで(その2)
圧力鍋研究家になるまで(その3)


調理器具のメーカーで、日々寄せられるお客様からの喜びの声に後押しされながら、
営業企画課長として奮闘してました。

そして、仕事を通じて、フードコーディネーターさんや、料理研究家の先生方、デザイナーさん、カメラマンさん、テレビショッピング番組を制作する時には、インストラクターとして出演もさせていただきました。
会社から出版するレシピ本は、7冊担当させていただきました。
企画段階から、レシピの監修までを手掛け、大きな経験を積ませていただきました。

会社勤めをしながら、プライベートでは小学生になった子どもと一緒に
ウィズガス親子クッキングコンテストに応募。

第1回大会 近畿地区最優秀賞。 近畿地区代表として全国大会に出場。

第2回大会 近畿地区準優勝。

第3回大会 近畿地区最優秀賞。近畿地区代表として全国大会に出場。

第5回大会 近畿地区最優秀賞。近畿地区代表として全国大会に出場し、審査員特別賞受賞。

という結果を出すことができました。
このコンテストに応募することを通して、料理熱がさらに高まっていきました。

コンテストで入賞される方は聞いてみるとお料理プロが多いのです。
すでにお料理関係の教室をされていたり、中にはプロの料理人という方も。
この経験があって、「もしかして私の料理でも喜んでくれる人がいるのかも」という思いを持つようになりました。



一昨年の暮れ、夫から転勤になるかもという話が浮上しました。
転勤になったら、すぐには大阪に戻れないかもしれないから、家族で一緒に行ってほしいと。
家族は運命共同体なので、一緒にいるべき。
そう思ったので、会社を辞めることを決意したのです。

大阪が本社で、ほかに営業所を持たない会社なので
「この機会に、東京営業所を出しませんか?」などと持ち替えてみたのですが、受け入れられるわけもなく…退職ということに。

でも、辞める時に
「東京に行っても、縁は切らないで。何かあれば手伝ってほしい。
そして、何かを始めるなら全面的に応援するから」というメッセージをもらいました。


8年半、圧力鍋をはじめとする調理器具にどっぷりつかってきた経験と、
親子クッキングで提案してきたレシピと、「伝える」仕事をしてきた経験と、
料理が決して上手ではなかった私が、料理が大好きになるきっかけになった圧力鍋のこと。
全部を合わせたら、圧力鍋研究家として、圧力鍋の魅力をお伝えしたい!という思いに行きついたのです。


ワーキングマザーとしてフルタイムで働きながらも、圧力鍋があったおかげで、料理の楽しさに目覚め、料理がおいしくなり、化学調味料に頼らなくなり、冷凍食品にも頼らなくなり、いろいろなものが手作りできるようになり、お友達からも料理上手といわれるようになり、コンテストでも結果を出すことができた私のような経験を、皆さんにもシェアしたいのです。



長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。

圧力鍋研究家 さいとうあきこ



前回の記事の続きです。この記事から読み始める方は、先にこちらの記事をお読みください。圧力鍋研究家になるまで(その1)圧力鍋研究家になるまで(その2)経験なし、料理もそれほどでもない私が、どのようにして圧力鍋研究家になったのか。前回の記事では、調理器具メー ... 続きを読む
前回の記事の続きです。

この記事から読み始める方は、先にこちらの記事をお読みください。

圧力鍋研究家になるまで(その1)
圧力鍋研究家になるまで(その2)


経験なし、料理もそれほどでもない私が、どのようにして圧力鍋研究家になったのか。

前回の記事では、調理器具メーカーに勤めたことが転機になったというところまで書きました。

なぜ、それが転機になったのか。



入社したころから、社内で一番厳しいといわれる部長が、直々に教育担当者についてくださいました。
とにかく仕事に厳しく、会社にいる間だけが仕事じゃない。
商品を正しく理解するために、とにかくひたすら商品を使え!と指導されました。

その言葉通りに、使って、使って、使い倒しました。

会社に届くお客様からの感謝の声に目を通し、お客様が感動した味を自分の経験しようと同じ料理を作りました。
お客様がうまくいかなかったお料理に、どうやったらうまくいくのか、アドバイスをするために作ってみました。
今までの料理が圧力鍋で料理するとどう変わるのか、それを一つ一つ実感していきました。

お客様の元にお届けする広告の中で、どのようなレシピを載せればお客様がよろこんでくださるのか、料理のトレンドを研究しました。
でも、それが決して苦痛ではなくとっても楽しかったんです。

お客様とお電話等で応対するときも、自分の中に経験値があるから自信をもってお伝えできる。プラスアルファのことをお伝えして、喜んでいただける。
それがうれしくて、ますますお鍋の使い方、お料理のレシピを研究していきました。

お客様の声で多かったのが、
「もっと早く買えば、もっと早く使えばよかった!」
「お料理が楽しくなりました。」
「光熱費が下がったうえに、お料理がおいしくなって、家族から喜ばれてます」などという声。

こんなにたくさんの人に笑顔を届ける圧力鍋。
もっともっとたくさんの人に知っていただきたい!と心から思うようになったのです。

結局、この会社には8年半勤務しました。
もともと2名でスタートした営業企画課が、最終的には12名の部署となり、課長職を任されるようになったのは、お客様からのお声が背中を押してくださったからだと思います。

こんなに大好きな会社だったのに、どうして退職することになったのか。
その話は、「圧力鍋研究家になるまで(完結編)」に続きます。



前回の記事の続きです。料理を専門に学んだわけでもなく、経験もなかった普通の主婦が、なぜ圧力鍋研究家になっのかを記録しています。ブライダル司会から初めての転職は、地元の印刷会社。長女が6歳、長男が2歳のころ。こんな小さい子どもを持つ母親(しかも、会社勤めの経 ... 続きを読む
前回の記事の続きです。

料理を専門に学んだわけでもなく、経験もなかった普通の主婦が、なぜ圧力鍋研究家になっのかを記録しています。




ブライダル司会から初めての転職は、地元の印刷会社。
長女が6歳、長男が2歳のころ。

こんな小さい子どもを持つ母親(しかも、会社勤めの経験なし)を採用するなんて、なんて懐の広い会社だ!という感じですね。

担当していた仕事は、システムバスや住設機器の取り扱い説明書…の原稿作り。
知らない言葉だらけで、しかも前任者は入れ替わりで退社したため、引継ぎなし!
このような状況で働いていたのですが、試用期間が過ぎて正社員になるときに
「子どもがいるから残業があまりできないなら、正社員じゃなくパートとしての採用にしたい」と言われました。
結局、この会社には5か月勤めました。


そして、次の会社は、大阪にある調理器具のメーカー。
お鍋を折り込みチラシなどの通販で販売している会社でした。
通販で販売している会社の、販促企画を立てる「営業企画」という部署。

そのチラシ、見たことあったし、とても気になっていたけど、どこか胡散臭い…(失礼)

そこには、主婦の目線が入っていないのではないか。
お料理好きの主婦の目線を取り入れて頑張ります!!と猛アピールして、
採用にこぎつけました。

あとから聞けば、この時の求人に100人ほどの人が応募していたそうですが、
なぜ、経験の浅い私を選んでくださったかは、今でも疑問です。
(実務経験3年以上という条件の募集に対して、実務経験半年足らずで応募するという
暴挙に出たのにね~)



この会社に勤めた頃の私の料理の腕前。
・冷凍食品…常に、焼き飯やシューマイ、コロッケ、ちゃんぽんなど、いざというときに役立つ冷凍総菜を常備。

・調味料…だししょうゆ、めんつゆはもちろん、マーボー豆腐の素、釜飯の素、固形スープの素、鶏がらスープの素などに頼って料理を作ってました。

・乾燥豆…購入経験なし。豆は缶詰のドライパックか、水煮を買ってました。

・野菜類…サトイモ、かぼちゃ、ミックスベジタブル、コーン、ほうれん草など、冷凍野菜を常備

普段は、炒めもの中心のササっとできるものばかり。餃子は王将で焼き餃子を買ってくる。
という状態でした。
決して料理が上手でも好きでもないっていう感じですよね。



でも、この会社に勤めて、圧力鍋に、お料理に目覚めてしまったのです!!



またまた長くなってしまったので、この続きは、また次の記事に













このブログにたどり着いてくださって、ありがとうございます。圧力鍋研究家、さいとうあきこと申します。簡単に使えて、時短料理ができて、しかもおいしく、作るのが楽しい。まさに魔法のような調理器具「圧力鍋」この圧力鍋の魅力をたくさんの方に実感していただきたいと、 ... 続きを読む

このブログにたどり着いてくださって、ありがとうございます。

圧力鍋研究家、さいとうあきこと申します。


簡単に使えて、時短料理ができて、しかもおいしく、作るのが楽しい。
まさに魔法のような調理器具「圧力鍋」

この圧力鍋の魅力をたくさんの方に実感していただきたいと、圧力鍋のお料理講座を開催しています。


「圧力鍋、興味はあるけど、なんだか難しそう…」
「圧力鍋、持ってるけど使いこなせてない…」
という方はもちろん

「とにかく短時間でおいしい料理を作りたい!」
「子どもたちに手作りの母の味を伝えたいけど、時間はかけたくない!」
という方も

「料理は苦手。手をかけてもおいしくならないから、市販のお惣菜に頼ってます。でもおいしく作れたらいいなーって思うんだけど」
「○○の素がないと、お料理できない!でも、それがなくても作れるようになれたらかっこいいよねー」
「とにかく時間がないから、パスタとか、チャーハンとか、カレーとか、パターン化してるので、レパートリーを増やしたい!しかも簡単に!」
という方にも

圧力鍋はぜーったいに頼れる味方になってくれます!!


なぜ、こんなに力説するかというと、私がかつてそうだったから。

結婚前から、フリーアナウンサーとして、イベント司会や結婚式の司会業をやってました。
特にお料理とは関係なく、しゃべる、伝える、進行するのが仕事でした。

お料理なんて、趣味の域でしかなかったし、料理本をみて、本の通りに作れる程度にレベル。
それもオレンジページとか、レタスクラブとか、サンキュとか。

1997年、長女が誕生。
この時もまだブライダル司会業をやってました。
お料理の腕は特に上達するでもなく…

2001年、長男が誕生。
ブライダルの司会を続けていたので、復帰は早くて産後3か月のころ。
以前、司会をさせていただいたお客様のご兄弟が結婚されるということで、わざわざご指名いただいたをきっかけに復帰しました。
でも、このころからそろそろ司会業を卒業しようかと考え始めました。

というのも、働いているので子どもたちは保育所に預けているのですが、土日は保育所はお休み。
そのたびに、夫や実家の両親、はたまたご近所の友人に預けて仕事に行くことに疑問を感じ、また子どもが精神的に不安定になったのも影響しました、
この状態(土日にママが仕事でいない)を続けていたら、子どもの心の成長に悪い影響が出るのでは…と思い、転職を決意。

転職のために、公共職業技術専門校に行き(一応受験有り。倍率3倍を潜り抜けた!)
グラフィックデザインを習得。
そして、1回目の転職。

転職した先は・・・


…なんてことを振り返ってたら、すごーく長い記事になってしまったので、続きは別の記事にしますね。
よろしければ、ご覧下さいませ。

おせち料理の中では、黒豆と栗きんとんが大好き♪な、圧力鍋研究家 さいとうあきこです。おせち料理づくりには、圧力鍋が大活躍。今日は、お友達のおうちにお邪魔して、一緒におせち料理づくりをしました~♪お友達が持ってたシリット社の圧力鍋と、私が持参していったアサ ... 続きを読む
おせち料理の中では、黒豆と栗きんとんが大好き♪な、圧力鍋研究家 さいとうあきこです。

おせち料理づくりには、圧力鍋が大活躍。

今日は、お友達のおうちにお邪魔して、一緒におせち料理づくりをしました~♪

お友達が持ってたシリット社の圧力鍋と、私が持参していったアサヒ軽金属のゼロ活力なべ。
ちょうどいい機会なので、いろいろと比べさせてもらいながら、おせち料理、4品を作りました。


奥がお友達の圧力鍋。
赤いホーローで、可愛い♪

圧力鍋の圧力がかかる方式は大きく分けて「スプリング式」と「オモリ式」があります。
シリット社の圧力鍋は、「スプリング式」
圧力がかかったら、表示ピンが上がり、そのピンの目盛りをキープするように火加減します。
シュンシュンという音がほとんどなく、加熱中静かなのが特徴です。
逆に、目盛りをキープする火加減調整が難しいという難点もあります。

アサヒ軽金属のゼロ活力なべは、「オモリ式」
圧力がかかると、てっぺんのオモリの下から蒸気が出て、オモリがシュシュっと揺れます。
この揺れが止まらない程度まで火力を落として調整します。
コチラは加圧中、「シュシュッ」という音がします。

さてさて、難しい話はさておき…

まずは黒豆を炊いてみました。
今回は「水浸けなし!で作る黒豆煮」です。

乾燥豆の状態から直接煮ていきますが、ふっくらおいしく炊き上がりました。
ゼロ活力なべで作る場合は下ゆでに3分+味付けして1分です。
詳しいレシピはこちらに

Cpicon 圧力鍋で!水戻し不要のスピード黒豆 by あきみかん


シリット社の圧力鍋で作る場合は、下ゆでに10分+味付け5分でちょっと固めの炊き上がりでした。でも余熱を十分おけば、ふっくらとやわらかくなりました^^



2つの圧力鍋の違いを実感した後は、サクサクとおせちづくり。


黒豆・鶏肉の八幡巻き・栗きんとん・昆布巻き2種を作りました。

 手前が、鶏の八幡巻き。
鶏もも肉に、ごぼうとにんじんを巻いてあります。
これで、加圧時間は1分間(ゼロ活力なべ使用)でできちゃいます。
あまりの速さに、お友達もびっくり!!

奥は栗きんとん。
安納いもで作ると、くちなしの実を入れなくてもきれいな黄色なんです。
そのままでも甘いし、ねっとりとなめらかな感じもおいしいです。
仕上げに市販の栗の甘露煮を入れて、出来上がり。

昆布巻きは豚薄切り肉を巻いたくるくる昆布巻きと、生たらこを巻いたものの2種類を作りました。


途中から、お料理に夢中になっちゃって、撮影してません…。

できあがったお料理は、お友達が素敵に盛り付けて写真を撮ってくれてたので、また画像をもらおうっと。




ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。
にほんブログ村