圧力鍋で 時短!簡単!うちごはん♪

毎日使える、使いたくなる。圧力鍋の便利技やレシピをご紹介します。 圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ」の講座情報も。

カテゴリ:◆レシピ > フライパンレシピ

この季節、鼻はムズムズ、目は痒くてまっかっか。本当に花粉症はツライです。花粉症の季節は、脂肪分の多い食事や肉食中心になると、その症状がひどくなるようです。野菜たっぷりのいわゆる粗食にすると、ちょっと症状が楽になるようです。そんな私だけの事情により、本日の ... 続きを読む
この季節、鼻はムズムズ、目は痒くてまっかっか。
本当に花粉症はツライです。

花粉症の季節は、脂肪分の多い食事や肉食中心になると、その症状がひどくなるようです。
野菜たっぷりのいわゆる粗食にすると、ちょっと症状が楽になるようです。
そんな私だけの事情により、本日のごはんはいつにもまして野菜たっぷりです。

 

 ☆薬味が決め手のじゃこサラダ
☆厚揚げの味噌豚巻き
☆かぼちゃの鶏そぼろ煮

いつもは、圧力鍋を使ったお料理をご紹介していますが、今日はちょっと趣向を変えて、
めっちゃ簡単でめっちゃおいしい、じゃこサラダをご紹介します。

 

 メインの野菜は、サニーレタスと水菜。
もちろん、お家にあるお好きなお野菜に変更OKですよ。

食べやすい大きさに切り(ちぎり)、水に放ってパリッとさせたら、
サラダスピナーでしっかりと水切り。

サラダボウルにたっぷりと盛り付けます。


薬味は、三つ葉と青じそ。
あればみょうがが入るともっともっとおいしくなります。
白髪ねぎなんかも合いますよ!

薬味も水に放ってからしっかりと水切り。
野菜の上にどっさりと盛り付けます。

フライパンにたっぷりのごま油を熱してちりめんじゃこを入れて、カリカリになるまで揚げます。

じゃこがカリカリになったら、サラダの上にポン酢を回しかけて、その上からごま油ごとじゃこをかけて出来上がり。

ジューッという音と香ばしい香りもごちそうです。


このサラダ。元ネタはお友達のレシピ。
サラダと薬味の上にお刺身用のタコをのせて、ポン酢をかけて熱したごま油をかけます。
この「タコサラダ」がおいしすぎて、、、。
でも、いつもいつもタコは無いので、ちょうど冷凍庫にあったちりめんじゃこを使ったら、
また違ったおいしさになりました。

お野菜がどっさり食べられる、簡単サラダ。
分量はすべて適当です。お許しくださいませ。


いよいよ今週は、「圧力鍋だから時短!春のお祝い膳」の講座ですね。
今日は皆さんにお渡しするレシピを用意してました。

あとは印刷するだけ!
プリンターのインクは昨日買ってきたから大丈夫!!!

と思ってたのに、なぜだか新しいインクをプリンターに入れても認識しない!
エラーメッセージが出て、印刷できないんです(泣)

ケチって純正じゃないインクを買ったからかなあ?
仕方がないから、データをUSBに入れ、近所のコンビニで出力&コピー。
やれやれ。何とか準備できました。

木・金と2日連続で、たくさんの方と知り合えるんだと思うと、とってもとってもわくわくしてきます。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村


いつもは圧力鍋の話ばっかりしていますが、今日はちょっと違う調理器具の話を。圧力鍋と同じくらい溺愛しているフライパンがあるのです。それは、アサヒ軽金属のフライパンたち。今日はその中から、四角いローストパンを使って、こんなケーキを作りました♪ジャーン!!ジャ ... 続きを読む
いつもは圧力鍋の話ばっかりしていますが、今日はちょっと違う調理器具の話を。

圧力鍋と同じくらい溺愛しているフライパンがあるのです。

それは、アサヒ軽金属のフライパンたち。

今日はその中から、四角いローストパンを使って、こんなケーキを作りました♪


ジャーン!!


ジャジャジャーン!!(←勿体つけすぎ)

 
☆いちごの模様入り、いちごロール
☆マロンの模様入り、渋皮マロンロール


基本の材料はどちらも一緒。
マロンの方はプレーンの生地を取り分けておいて、残りの生地に湯で溶いたココアを混ぜて茶色くしました。

材料(ローストパンL 1台分  21×21cm四方)
・卵…2個
・砂糖…40g
・牛乳…大さじ1
・薄力粉…30g

オーブンシート、バター…適量

作り方
(下準備)
卵は室温にしておく。薄力粉はふるっておく。

(1)ボウルに卵を割りいれ、ほぐしてから砂糖を加え、ハンドミキサーで泡立てる。ミキサーの中にとどまってから落ちる程度まで持ったりと泡立てる。仕上げにハンドミキサーの低速で1分ほど混ぜてキメを整える。

(2)牛乳を加えて混ぜ、薄力粉をふるいながら加え、つやが出てくるまでしっかりと混ぜる
(ここで、混ぜ方が足りないと、スポンジのキメが荒くなってしまいます。いちごバージョンはここで混ぜたりなかったので、表面がぼこぼこになってしまいました。)

(3)ローストパンに、バターを軽く塗り付けて、オーブンシートを敷く。
(表面加工があるので、シートなしでも焼けますが、甘いのでくっつく場合があります。私はするっとはがれてほしいので、シートを敷いてます)

(4)生地から、模様用に適量取り分け、残りをローストパンに流し込む。
(ココア生地の場合はプレーン生地を取り分けてから、湯で溶いたココアを混ぜて好みの茶色にする)

(5)ローストパンに流し込んだ生地は、表面を平らにしてから、底をタオルなどで数回たたいて大きな気泡をつぶす。

(6)模様用の生地に好みの色を付け、ローストパンの生地の表面に模様を描く。

 いちごの模様は、いちごの果実部分は、天然の食紅を混ぜ、葉っぱの部分は湯で溶いた抹茶を混ぜました。

 マロン模様は、ココア生地の上に、プレーン生地でマロンの模様を描きました。


蓋をして弱火で15分ほど焼き、表面が乾いていたら焼き上がり。
新しいオーブンシートの上に取り出し、ケーキクーラーなどに乗せて粗熱を取る。



粗熱が取れたら、クリームを塗り、細かく刻んだいちご(または栗の渋皮煮)を散らして、くるくる巻く。

オーブンシートで包んで、その上からラップで包んで20分ほど冷蔵庫に入れて落ち着かせてから、両端を切り落として、トッピングのクリームを絞って、いちご(または栗の渋皮煮)を飾る。


今回は軽めのミルキーなクリームにしました。
泡立てるだけなので、配合だけメモメモ!

・生クリーム(37%) …1パック
・練乳…30g
・砂糖…大さじ1


で、出来上がりましたー!!




じっくりとご覧くださいませ~♪(見てほしくてたまらない!!)

まずは、いちごバージョン♪

 表面のキメが荒くなってしまいましたが、なんとなくいちごの模様、分かりますか~?
上に乗せたいちごは、へたが付いたまま半分に切りました。
このグリーンがアクセントになってます。



そして、渋皮マロンは、こんな感じに。

 いちごと比べると、キメが格段に細かいでしょ。
やっぱり粉を入れた後の混ぜ方がポイントのようです。


今回は、バターなしの軽い生地でしたが、いつもは少しバターを加えた配合でも作ってます。
もう一つのブログの方で、手順付でご紹介している記事があるので、リンクしておきますね。
(アッ、わたくしブログを2つ運営しておりまして、もう一つはプライベートなことなどを、そしてこちらのブログはお料理のあれこれをつづっております)

ローストパンで作る、お絵かきロールケーキ♪(fromやっぱり大好き♪うちごはん)
 
 

ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村