圧力鍋で 時短!簡単!うちごはん♪

毎日使える、使いたくなる。圧力鍋の便利技やレシピをご紹介します。 圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ」の講座情報も。

カテゴリ:◆圧力鍋のお料理教室 うちごはんラボ > 圧力鍋上級講座

今日は圧力鍋上級講座。またの名を、圧力鍋マニア養成講座(笑)圧力鍋を正しく理解して、自在に使いこなせるようになることを目的とした講座です。って書くと、なんだか難しそうなのですが、眉間にしわを寄せることなく、逆に笑いジワができてしまいそうなくらい楽しいので ... 続きを読む
今日は圧力鍋上級講座。

またの名を、圧力鍋マニア養成講座(笑)

圧力鍋を正しく理解して、自在に使いこなせるようになることを目的とした講座です。


って書くと、なんだか難しそうなのですが、眉間にしわを寄せることなく、逆に笑いジワができてしまいそうなくらい楽しいのです^ ^

午前中は、調理実習。

今日は、白米の炊き比べ。
同じくお米を、同じように洗って、水につけて、同じく水分量で炊きます。

いわゆる超高圧のもの、高圧のもの、普通圧のもので、同じお米の味わいがどのように違うのか。

加圧時間は、それぞれの圧力鍋に合わせて調整します。

{6971B846-919D-49FA-9D2C-E09612013B6D}

炊き上がり〜


どれがいい、悪いではなく違いを知る、
違うことを感じ取ることが目的。

同じお米なのにねー、
粒立ちが違ったり、ふっくら感が違ったりするから、面白いのです。

冷めてから食べると、また違う感想が。

どの圧力鍋、どの圧力で炊くか、
目的に応じて使い分けられるなんて、かなりの上級者ですよね。

いつもお話しするのですが、取説に書いてある時間や水加減は、あくまでも『目安』
正解が書いてあるわけではないので、自分の好みに合わせて、調整してもいいんですよー。

実際、教室のレシピも、いろいろとカスタマイズしちゃってますから!

もうひとつ、オイルサーディンも食べ比べ。

圧力鍋なら、骨まで食べられます!!!

と言っても、「食べられる骨の固さ」は、いろいろ。
同じイワシを圧力値、加圧時間を変えて調理したものを食べて、骨の食感の違いを感じます。

自分のイメージする「骨まで食べられる」に近いのはどれ?
どれが食べやすい?

実際に食べ比べてみると、よくわかります。


さてさて、本日のまかないは、
{A107E612-957E-4B50-AC3E-8E901AC3D735}

・圧力鍋であっという間の親子丼
・オイルサーディンのサラダ
・豆腐と揚げとわかめのお味噌汁 


午後からは、みっちり。
取扱説明書の活用方法。

取説をこんなにまじまじと見たことない!ってくらい、しっかり読み込みます。


それをひとつずつ解説。
理解がぐんと深まりました。


使い方の基本をしっかり身につけておくことで、安心して使い方のアレンジができます。
そのための大切なお話なのです。


今回は、圧力鍋上級講座、2期生の2回目の講座でした。

いよいよ、来月は総仕上げ!

圧力鍋レシピの『翻訳』の極意をお伝えいたします。
私の手の内を全部見せちゃいます。

乞うご期待!!!













今日から圧力鍋上級講座の2期生がスタートしました~♪ 圧力鍋の仕組みを理解して、もっともっと圧力鍋を自分好みに使いこなせるようになるための講座です。 1回目の今回は、 ・圧力鍋の可能性・圧力鍋の仕組み・玄米を炊いて、食べ比べてみよう・圧力鍋によってお豆の味 ... 続きを読む

今日から圧力鍋上級講座の2期生がスタートしました~♪

 
圧力鍋の仕組みを理解して、
もっともっと圧力鍋を自分好みに使いこなせるようになるための講座です。
 
1回目の今回は、
 
・圧力鍋の可能性
・圧力鍋の仕組み
・玄米を炊いて、食べ比べてみよう
・圧力鍋によってお豆の味は変わる?
・圧力鍋のお手入れ
・安全装置の働き
 
などを、実習を交えてお話ししました。
 
こうやって文字で書くと、難しそうだけど、実際は
 
「へー!」
「ほー!」
「わー、知らなかったー!」
「そうなってたんだー!!!」
 
って、興味深々(*^^*)
 
 
 
3種類の圧力鍋を使って、玄米を炊き比べ。
 
同じお米、同じ水加減だけど、
使うお鍋によって味がちがーう!
 
どれがいい、どれが正解ではなくて、
お料理に合わせて炊き比べてもいいかもねー💕って話になりました。
 
圧力鍋で炊いたら、こういう味。
って1つだけじゃなくて、
どのくらいの圧力で炊くか、何分炊くか、玄米は水につけるかつけないか。
その調整で、味わいも変わります。
 
知れば知るほど、深いよねー。
 
 
{231AF1C3-63FE-4F83-9A8A-62A92678862A}
 
普段の講座では、「この味」って決めたものをご紹介しますが、
この上級講座は圧力鍋の可能性を感じてもらうこと、
圧力鍋の個性を知って使い分けていただくことが目的なので、
正解を求めません。
 
好きな味がみんなそれぞれ違っても、それでいいのです。
 
 
お豆はあらかじめ茹でておいたものを食べ比べ。
柔らかさ、味わい、煮くずれの有無。
これも、お鍋や豆の種類によって変わります。
 
こうやっていろんな圧力鍋を比べる機会ってなかなかないから、面白いですねー。
 
どれが好き?って聞いたら、答えが違うのも、いいところ。
自分の「好き」に合わせて、お料理で加減できたら、
素敵ですよね。しかも圧力鍋をそこまで自在に操れるって、かなりの腕前っ!!
 
 
お昼ごはんは、 実習で炊いた玄米と豆を使って。
(その時々の実習内容にあわせて、気まぐれで作ります。通称:まかない)
 
 
今日は根菜がたっぷり入ったキーマカレーを玄米に合わせて。
お豆はツナときゅうり、パプリカを加えてサラダにしました。
 
 
 
{D75E552D-1437-455C-9635-83DD9A6C8F4F}

 
キーマカレーはあらかじめ作っていったのですが、これが大好評。
もちろん、市販のルウは使わず、固形スープの素も使わず、
素材の味だけで仕上げてます。
近日中にレシピアップする約束をしました。(お楽しみに〜💕)
 
 
ごぼうやレンコンがゴロゴロ入ってるから、歯ごたえが楽しいのです(*^^*)
 
 
 
上級講座のお楽しみが、このまかないだったりします(笑)
次回はなににしようかな?
 
この上級講座、最終的なゴールは
「作りたいレシピを、自分の圧力鍋にあわせてアレンジできる力
(レシピの翻訳と呼んでます)を付ける」こと。
 
単にレシピの話だけじゃなくて、仕組みを理解していたら、
いや、100%理解できなくても、いざという時、取説のどこを見ればいいのか
わかっていれば、安心感が全然違います。
 
その力をつけていただける圧力鍋上級講座。
全3回で一通りの内容を学んでいただけます。
 
今日が1回目でしたが、2回目からの途中参加もOKです。
ご興味がある方は、お問合せくださいね。
 
(日程)
1回目:10月9日(日)午前10:30~15:00 終了しました
2回目:11月13日(日)午前10:30~15:00
3回目:12月11日(日)午前10:30~15:00
(3回目は総まとめなので、この回のみの単発参加はできません)
 
(受講料)※2回目からの途中参加の価格です
・うちごはんラボ受講生さま  24,000円
・ビジターさま(うちごはんラボご新規さま)  30,000円
(10月中に、通常講座にご参加いただいた方は、受講生さま価格でOK)
 
 
圧力鍋をここまで詳しく、深く掘り下げる講座は、おそらく他ではありません。
圧力鍋に関する???を解決して、もっともっと楽しんでくださいね。
 

<お申込み方法>
お申込みはメールにてお願いします。

サイドバー下のメールフォームから、または下記アドレスにメールしてください

akimikan2012@gmail.com 


●お名前
●郵便番号
●ご住所
●お電話番号
●メールアドレス
●参加理由
●圧力鍋をお持ちの場合は、メーカーや商品名


をご記入ください。



お申込みメールには、2日以内にご返信させていただきます。
2日たっても連絡がない場合は、お手数ですが再度メールをお願いいたします。

 

また、携帯電話、スマホからのお申込みの方は、必ずakimikan2012@gmail.com

からのメールが受信できるよう、受信設定をお願いいたします。

 

 

お申込み、お待ちしております。

 

 

10月の講座も参加者募集中!

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

これで圧力鍋を使いこなせる!7日間無料メール講座

圧力鍋の基礎知識から便利な使い方まで、
7日間の無料メール講座でお届けします。


以下のURLから必要事項を記載してご登録ください。
コメント欄に一言メッセージをいただけると嬉しいです♪

(パソコン用)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/entryform1.htm

(スマートフォン・携帯の方はコチラ)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/sp/entryform1.htm


正しくご登録が完了いたしましたら、すぐに1通目のメールをお送りする設定になっております。
万が一届かない場合は、以下の問題が考えられますので、ご対応くださいませ。

●ご入力のアドレスが間違っている
再度、正しいアドレスをご入力の上、再登録をお願いいたします。

●携帯、スマホの場合。
以下のページをご参照の上、受信できるように設定をお願いいたします。
http://autobiz.jp/mobile/manual.html

 

 

 

 

 





 

 

 

 
 
 
 
 
 

6月、7月と2ヶ月間、全3回の圧力鍋上級講座を開催しました。  圧力鍋をもっとちゃんと理解して使いたい!圧力鍋ともっと仲良くなりたい! そんなきっかけから、受講してくださった皆さんの、最終のゴールは 「自分が作りたいお料理を、圧力鍋で作れるようにアレンジでき ... 続きを読む

6月、7月と2ヶ月間、全3回の圧力鍋上級講座を開催しました。

 

 

圧力鍋をもっとちゃんと理解して使いたい!

圧力鍋ともっと仲良くなりたい!

 

そんなきっかけから、受講してくださった皆さんの、最終のゴールは

 

「自分が作りたいお料理を、圧力鍋で作れるようにアレンジできる力をつける」こと。

 

そのための、最終仕上げです。

 

 

まずは、調理実習。

圧力鍋で野菜を茹でてみます。

image

 

いつもの3台のお鍋。

このチョイスの秘密は、講座で明らかに(期待させてみる)

 

 

茹でたお野菜を食べ比べて、メモメモ。

image

 

 

それから、圧力鍋で同じように作った豚の角煮も食べ比べ

image

 

圧力鍋が変われば、加圧時間が変わる。

圧力鍋が変われば、調理温度が変わる。

 

その違いがよくわかる食材、あまりわからない食材、

それを実感してもらうのが狙いです。

 

 

この実習で、お鍋ごとの火の通り方や加圧時間の考え方をつかんで、

レシピにないお料理を作るときに、どんな風にアレンジしたらいいのかを

考えていきます。

 

それを、私は「レシピの翻訳」と表現しています。

 

例えば、カレーライスなら、お水を加えてコトコト煮るところを、

圧力鍋にチェンジする時に、水加減、加圧時間を調整しなければなりません。

その時、どうやってその水加減と加圧時間を変えればいいのか。

そのポイントをお話ししました。

 

3回目の講座用に宿題を出してました。

それは

「自分が作りたいお料理のレシピを持ってくること」

 

それを実際に「翻訳」していきます。

 

5人がそれぞれのレシピを持ってきてくれたので、

5つのレシピが、「翻訳」できました。

 

 

「翻訳」するときのポイントは、

 

作りたいお料理のイメージを明確にすること

作る上で、優先したいことを明確にすること

 

これが決まっていないと、迷路に入ってしまいます。

でも、皆さん、しっかりと仕上がりのイメージを描いてくれていたので、

スムーズに「翻訳」できました。

 

実はこの「翻訳」という作業。

私がレシピを考えるときに、よく使う手法です。

 

あらま!手の内明かしちゃったじゃないの!?

 

 

私が圧力鍋に携わって、経験してきたこと、

考えてきたこと。

その全部を詰め込んだ講座になりました。

何より、開催した本人が一番楽しかったかも。

 

 

上級講座というと、すごーく難しい内容になるのかな?という不安や、

さぞかし手の込んだお料理を作るんだろうか?という想像や、

プロになる訳じゃないし…と思った方もいますよね?

 

「上級」って名前が悪いのかなー?「圧力鍋マニア養成講座」にしようか?(笑)

 

でも、決して手の届かない内容じゃなくて、

普段使っている圧力鍋をより深く理解して、いざという時にも慌てないように、

自分の好みにあわせて使いこなせるようになる講座です。

 

いつもの講座では、ご紹介するお料理が作れることが目的なので、

あまり圧力鍋の仕組みや構造、ましてや取説について語ることは

なかなかできませんが、上級講座なら、その部分まで丁寧に、

詳しくご説明しています。

 

でも基本、関西人やから、笑いを交えて楽しく説明するから、難しくないでー(笑)

 

 

あっと、3回目のランチは、

image

角煮バーガーと、

茹でたじゃがいもを使ったポテトサラダ、さつまいもをカレーミルク煮にしました。

あと、野菜たっぷりのシンプルスープ(固形スープの素不使用)も作りましたよ!

 

デザートは、大好きなくみぱうんどのパウンドケーキをお取り寄せ。

なのに…写真撮るの忘れたー!!!!

 

 

上級講座1期生は、全部で5名様。

もうすっかり仲良くなって、ランチ会か飲み会をやろうかと計画中。

またそれぞれに交流して、情報交換も。

 

いい仲間ができて、私もうれしいです。

 

 

2期生は、10月スタートの予定です。

月1回、日曜日に開催します。

 

日程が決まったら、改めてご案内しますね。

 

圧力鍋って、深く知れば知るほどたのしい。

そんな仲間が増えてくれると、もっと楽しい♡です。

 

 

1回目、2回目のレポートはこちらをご覧ください。

 

●1回目:圧力鍋上級講座始まりました!

 

●2回目:やっぱり圧力鍋って、どれも一緒…じゃない!!

 

 

 

圧力鍋上級講座の2回目を開催しました。 圧力鍋について、理解を深めて、さらに楽しく、便利に。そして作りたいお料理を圧力鍋で作るための考え方などが身につく講座です。 「上級」って、決してお料理が上級なのではなくて、より深い知識を得るっていうのが目的。今日も話 ... 続きを読む

圧力鍋上級講座の2回目を開催しました。

 

圧力鍋について、理解を深めて、さらに楽しく、便利に。

そして作りたいお料理を圧力鍋で作るための考え方などが身につく講座です。

 

「上級」って、決してお料理が上級なのではなくて、

より深い知識を得るっていうのが目的。


今日も話をしていて、上級って言うからみんな難しく感じるのかな?って


いっそのこと「圧力鍋マニア養成講座」にしちゃおうか!とか、

「圧力鍋マスター講座」にした方がいいかなーとか、

まだまだ始まったばかりなので、実際の受講生さまのご意見をいただいております。


この講座では、調理実習をするので、実習で作ったものをベースに、

ランチというか、簡単な「まかない」を作ってみんなで食べます。


これを楽しみにしている人もいるということで、まずは今日のまかない。



image

 実習で玄米を炊いたので、ナムルと牛そぼろ、温泉卵とキムチをのせて、

☆玄米ピビンパ

☆プチトマトとえのきのスープ

☆(味比べしたミックスビーンズを使って)お豆とツナのサラダ


ちょっとした味付けなど、日々のごはんのヒントになったかな?



さてさて、メインはまかないじゃなーい!

やっぱり圧力鍋を深く深く学んでいきます。


圧力鍋の構造一つとっても、圧力のかかり方、仕組みもメーカーによって全く違います。

そんな話をざっとした後、実際に玄米ごはんを炊いてみます。


圧力鍋で玄米ごはんを炊いて比べてみよう!


1晩水につけた玄米を、各メーカーの取説に乗っている水分量、加圧時間で炊き比べ。

代表的な3つの圧力鍋で比べました。


 

{31033961-A8A8-4B6B-83EC-9F6EBC19BB82}


3台並んで、調理する姿は、マニアにはたまらないー!!!


圧力がかかる時の動作、加圧中の火加減、加圧調理中の音、調理中の香り

一つだけ使ってたらわからないけど、比べてみるとやっぱり違う!


そこでも深ーい気づきがたくさんあります。



そして炊いた玄米を炊き比べ。


{0E6FFC43-0481-40AB-92E9-23D547158DB2}

同じ玄米なのに、炊き上がりの味がちがーう!!!

一つだけ食べていたら気づかないけど、食べ比べてみると違いに愕然。

味だけじゃなくて、しゃもじを通して伝わってくる感覚からして違うのです!


「これなら主人もたべてくれるかも?」という意見もありましたよ。



食べ比べはもう一つ。
自家製のミックスビーンズ。

圧力鍋で炊いたお豆を比べてみよう!

5種類のお豆(金時豆・うずら豆・とら豆・大豆・青大豆)を一晩水に浸けて、
1カップの水を加えてそれぞれのお鍋にあわせた加圧時間で茹でました。

お鍋によって加圧時間に差があります(0分・3分・5分)

それを知ってるか知らないかで、圧力鍋の使いこなしに一歩近づきますよね。



 
お昼ごはんを挟んで、午後からは

圧力鍋を分解してみよう!!!


圧力鍋のお手入れ、時々は分解して細かいところまできれいにする必要があるけど、
いざやろうとすると、元に戻せるか心配でなかなか手を付けられないという方も。

小さな部品もあるので、何か忘れてしまいそうで怖いですよね。

一つ一つの部品が、お鍋の中でどんな役割をしているのか、
それを知っておくことで、元に戻せなくなる不安も少なくなります。

実際に分解して、元に戻してをやっていただくことで、
おうちでも安心してお手入れできますね。

数ミリの部品でも、その働きがわかれば知らずに捨ててしまうなんてことも
ありません!!


細かい部品一つ一つまで説明したら、もう頭の中がいっぱいになっちゃって。
おやつを食べながら、この日の振り返りを。

今日のおやつは、よもぎ入り豆腐白玉。バニラアイスと小豆を添えて。

 
{6A0E7E99-7A97-4CD8-BA9F-7204AC17B708}

 

今日、残念ながら参加できなかった方が、


ランチとおやつが気になりますー!!ってメッセージをくださっていたので、

とりあえずご紹介しておきますね。



いよいよ来週は、上級講座の総仕上げ。

作りたい!と思ったお料理を、自分が使っている圧力鍋で作るには

どうすればいいか、「レシピの翻訳(と勝手に名付けました)」のポイントをお話しします。


この考え方ができるようになると、お料理のバリエーションがぐんと増えます。


おやつには、スペシャルなスイーツをお取り寄せしております。



こちらも楽しみです。



この圧力鍋上級講座は、秋から2期生スタートの予定です。

詳細は追ってご案内いたしますね。

どうぞお楽しみに!!



今日から、圧力鍋上級講座がスタート。全3回のこの講座では、圧力鍋をもっともっと自由に使っていただくため、もっともっと活用していただくための「知識」をお伝えしてます。座学中心で、圧力鍋って、何だろう?圧力鍋って、何ができるの?というところから、ひとくち😀圧 ... 続きを読む
今日から、圧力鍋上級講座がスタート。

全3回のこの講座では、圧力鍋をもっともっと自由に使っていただくため、もっともっと活用していただくための「知識」をお伝えしてます。

座学中心で、
圧力鍋って、何だろう?
圧力鍋って、何ができるの?
というところから、ひとくち😀圧力鍋と言っても、こんな違いがあるよーとか、実際のお料理をして、たべくらべてみたりとか、

かーなーりー

マニアック全開の内容となってます。


今回のお申込みくださっているのは、
うちごはんラボの受講生さま5名様。

日々の暮らしの中で、圧力鍋を便利に使って入るけれど、


もっと自由に使いこなしたい!

教室で習った以外のお料理も、うまく作れるようになりたい!

テレビや本で見たお料理を、圧力鍋でうまく再現したい!

という思いを持って受講されました。

1回目の今日は、
圧力が違う(構造も違う)3種の圧力鍋を使って、実際に白米を炊いてもらいました。

それと、事前に仕込んでおいたイワシのオイルサーディン。骨まで食べられる魚の料理で、骨の食感の違いを実感してもらいました。
{FA0EE928-8D82-4E79-8DD9-5B9271259A99}

見た目にはわからないけど、
食べると全然ちがーう!!




午前中から午後までの長時間なので、ランチ付き(おやつもあるよ^_^)

今日のランチは
ガパオライス、冷製コーンスープ、オイルサーディンのサラダ
{F19F38C2-D594-4317-85DC-B4B33B6D83F5}


お腹いっぱい!

おいしかったー💕


満腹だと、午後から眠くなっちゃうけど、
ワークなどを入れながら、マニアックだけど楽しい圧力鍋の豆知識をいっぱいご紹介しましたよ。


これから2回目、3回目と、学びはどんどん深くなります。

 
興味あり!受講したい!という方は、お問い合わせくださいませ。

1回目が無事に終了して、ホッとしてます。
圧力鍋マニアが増えちゃうね、きっと。 

マニアックな内容を、心置きなく伝えられて、1番楽しいのは私かもしれない^_^






圧力鍋のお料理教室うちごはんラボです。うちごはんラボでは、現在「圧力鍋レギュラー講座」として、毎月、メニューを変えて、普段使いできる圧力鍋レシピをご紹介しております。 5月のお料理はこちら!レギュラー講座の目的は、ずばり!「圧力鍋の登場回数を増やすこと! ... 続きを読む



圧力鍋のお料理教室うちごはんラボです。
うちごはんラボでは、現在「圧力鍋レギュラー講座」として、
毎月、メニューを変えて、普段使いできる圧力鍋レシピをご紹介しております。


 
5月のお料理はこちら!




レギュラー講座の目的は、ずばり!「圧力鍋の登場回数を増やすこと!」
買ったっきり、奥に収納されてしまって使われていない圧力鍋たちを

月イチから週イチへ!

くらいの勢いで使いこなしてもらおうというのがコンセプト。


この5月で、教室をスタートして丸3年。

毎月のように通ってくださる方もたくさんいらっしゃいます。
受講生の皆様から聞こえる言葉


もう圧力鍋が欠かせません!

教室に来るようになってから、圧力鍋の登場回数が格段に増えました!

圧力鍋を使うようになって、レパートリーが格段に増えました!

もう圧力鍋が怖くないです!むしろ愛おしく感じます!

圧力鍋だけじゃなく、料理自体が楽しくなってきました!

本当に楽しておいしく作れるようになって、家族も喜んでます!


皆さま、本当に圧力鍋をばっちり使いこなしていらっしゃいます。
ちゃんと結果が出ている証拠ですね。


今お使いの圧力鍋が使いこなせるようになってくると、
もっともっと圧力鍋のことを知りたくなるようです。
受講生さまからのご要望にお応えする形で、6月から

<圧力鍋上級講座>を始めます!


これは、 圧力鍋への理解を深めて、
もっと圧力鍋を使いこなせるようになるコースです。

現在のレギュラー講座は、お料理中心ですが、
これから始まる上級講座は、座学中心

●圧力鍋の仕組みを学び、メーカーごとの違いを理解する
・圧力鍋によって、お料理がどう変わるの?
・圧力鍋の仕組みってどうなってるの?
(分解、おそうじ方法と安全装置についての理解を深めます)
・こんな時、どうする?トラブル対処法
(取扱説明書を読み解き、使用上の困ったを解決します)
・お料理にあわせた圧力(鍋)の使い分け
などなど。



 圧力鍋を使う時に、一番大切にしたいところが、
おいしくできるのはもちろんのことですが

使っている時に、「怖い」「不安」を感じないこと。
お鍋をしっかり信用して使うことができること。

「なんとなく使えてる」から、
「ちゃんと理解して使ってる」状態になることで、

☆圧力鍋が変わっても、使いこなせる!

☆料理の目的にあわせて圧力鍋や圧力切り替えを選べる!

☆自分でレパートリーを増やす力が付く!

☆圧力鍋のトラブルが起きても、自分で解決できる!

受講後は、すっかり圧力鍋の達人です。


圧力鍋上級講座は、全3回のコースです。

<日程>

☆1日目: 6月25日(土))10:30~15:00
☆2日目: 7月16日(土) 10:30~15:00
☆3日目:  7月23日(土)10:30~15:00


※こちらのコースは、圧力鍋の中級者以上の方を対象としております。

<開催場所>

横浜市港北区大倉山

東急東横線 大倉山駅から徒歩5分の
こもれびサロンにて開催します。
(詳細はお申込みの方にご案内いたします



<受講料>
税込 50,000円(3回)のところ、  
スタート記念価格 税込 40,000円

<お申込み方法>
●件名:圧力鍋上級コース受講希望
・お名前
・郵便番号
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス
 ・お使いの圧力鍋のメーカー(複数あればすべて)
・圧力鍋で知りたいこと(いくつでも)


サイドバー下のメールフォームから、または下記アドレスにメールしてくださいakimikan2012@gmail.com 





 
 
たくさんのメーカーの圧力鍋を使いくらべて得た知識と経験を
丸ごと全部ご紹介するくらいの心意気でレジュメを作ってます。  

今回が新しいチャレンジとなる上級コース。

 皆様の声をお聞きしながら、内容をもっともっと充実させていきたいと 考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。  


私の大きな野望、語ってもいいですか?

 圧力鍋のメーカーにいた時、お客様からいろいろなトラブルご相談をお受けしました。
 圧力鍋の仕組みを理解されずにお使いになることで、
お客様がひやっとした経験をされることも多々ありました。

ちゃんと理解して使っていただくにはどうしたらいいんだろう?
 取扱説明書を見やすくしたり、
ダイレクトメールにお手入れの必要性を  わかりやすく伝えたりと、
メーカーからの発信でできることは、 やってきたつもりです。

でも、それでも届かない人にはどうすればいいのだろう?
そんなことをずっと考えていました。

もっとわかりやすく圧力鍋の使い方をご案内したい。 という思いで、
うちごはんラボを始めることを決めました。

そして今、受講生の皆さまが教室に来て、
圧力鍋が使えるようになった!
 安心して使えるようになった!
もう手放せなくなった!と

 うれしい変化を見せてくださることで、
--------------------------------------------------------------------------------------
うちごはんラボのような場所がもっと増えたら素敵だなー
--------------------------------------------------------------------------------------


という思いがふつふつと沸いてきました。

将来的に、講師コース等も考えてます。
圧力鍋の魅力を一緒に広めていきましょう!!

まずは正しい知識から。
ということで、上級講座で一緒に学んで行きましょうね。



いきなり上級講座は難しい…という方は、まずはレギュラー講座に
お越しくださいね。

5月の圧力鍋講座、まだお席が少しございます。

・5月17日(あと1名様)
・5月18日(あと3名様)
・5月20日(あと2名様)
・5月27日(あと1名様)

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

5月は、圧力鍋で作るチャーシューともっちり玄米ごはんの講座





 いつも応援ありがとうございます!
ポチッと押していただけると、うれしくて小躍りします^^

レシピブログに参加中♪
 
 




Nadia|さいとうあきこ