圧力鍋で 時短!簡単!うちごはん♪

毎日使える、使いたくなる。圧力鍋の便利技やレシピをご紹介します。 圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ」の講座情報も。

カテゴリ:◆レシピ > 圧力鍋 レシピ(いも・野菜)

ポタージュといえば、コーン・かぼちゃ・ほうれん草・じゃがいもがイメージかな?でも、もっといろんなお野菜でも作れるんです。しかも、圧力鍋とバーミックスを使えば、めっちゃ簡単!野菜のうまみがたっぷり出てくるので、「固形スープの素」は使いません!!今日は、ジャ ... 続きを読む
ポタージュといえば、コーン・かぼちゃ・ほうれん草・じゃがいもがイメージかな?

でも、もっといろんなお野菜でも作れるんです。

しかも、圧力鍋とバーミックスを使えば、めっちゃ簡単!


野菜のうまみがたっぷり出てくるので、「固形スープの素」は使いません!!

今日は、ジャガイモベースで、ごぼうの香りをきかせたポタージュです。

 

 
色は悪いけど、味は抜群ですよ♪



☆香り豊かなごぼうのポタージュ☆

(材料)
・玉ねぎ…1/2個
・じゃがいも…小2個
・ごぼう…1/2本
・水…1カップ(200㏄)

・牛乳…1カップ(200㏄)
・塩・こしょう…適量

あしらいとして、ディルを少々。

(作り方)

1)玉ねぎは薄切り、じゃがいもは皮をむいて薄切り、ごぼうは皮をきれいに洗って(こそげなくてOK)薄切りにし、圧力鍋に入れる。※圧力調理するので、薄さにこだわらなくて大丈夫^^

 

 

2)水1カップを加える。

 

 
3)蓋をして、オモリ(高圧)をセットして火にかける。沸騰してオモリがしっかり振れるようになったら、火を止めて余熱調理する。

4)圧力が下がったら、オモリを外してからふたを開ける。

 

 
すっかり煮えてます。

5)バーミックスなどで撹拌する。牛乳を加えて中火にかけ、塩・こしょうで味を調える。

6)器に盛り付け、ディルをあしらう。



ほらね、すっごく簡単。

ほかのお野菜のポタージュ(ほうれん草以外)も、同じような作り方でOKですよ。
じゃがいもをベースにして、ほかのお野菜を足すと、作りやすいですよ♪


ごぼうのポタージュ、我が家では結構人気です。



ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村


食卓にあったかーいスープがあると、この上ない幸せを実感します。特に寒い季節は、何か汁物がほしいですよね。体もじんわりと温まる野菜がたっぷり入ったスープ。でもいざ作ろうと思ったら、時間がかかるし…うまみだって、固形スープを入れないと、ちょっとね…なんて思っ ... 続きを読む
食卓にあったかーいスープがあると、この上ない幸せを実感します。
特に寒い季節は、何か汁物がほしいですよね。

体もじんわりと温まる野菜がたっぷり入ったスープ。
でもいざ作ろうと思ったら、時間がかかるし…うまみだって、固形スープを入れないと、ちょっとね…なんて思ってませんか?

そんな時こそ、圧力鍋ちゃんの出番なんですよー。

今日のスープはこんな感じ。

 

 緑のお野菜がなかったので、ちょっと色がさみしいのですが…


たっぷりのキャベツと玉ねぎ、ジャガイモ、冷凍のコーン。
それからうまみを補うために、ベーコンを少し入れました。

全部まとめて圧力鍋に入れたら、水1カップを加えて加熱します。
オモリがシュシュっと振れたら、すぐに火を止めてあとは余熱にお任せ。

圧力が下がったら、ふたを開けて牛乳1カップを加えて、塩麹・塩・コショウで味を調えて出来上がり。

玉ねぎもキャベツも炒めなくても甘ーい!!
ジャガイモは大きく切って、煮崩れを防いでます。

ほんの10分ほどで、素材のうまみたっぷりのスープが出来上がりました。


野菜たっぷりのスープ。
圧力鍋を使って、ぜひ食卓に並べてくださいね。

カレーやシチュー以外にも、圧力鍋って、使える子なんですから!!




現在研究中の豆料理。
いろんな料理を試してますが、これ、おいしかった!!

 

 チリビーンズ。

合挽きミンチと玉ねぎ・にんじん・金時豆・うずら豆・青大豆などなどいろんなお豆をほうり込んで、トマトで煮込んでます。
ナツメッグとローリエをしっかりと聞かせて、鷹の爪も少し入れてピリッとしたアクセントにしました。

セロリも入れたらもーっとおいしいだろうなあ。

細かく分量を量らずに作ってしまったので、皆さんにご紹介するにはもう一度きちんと分量を出してご紹介しなくちゃいけませんね。

でも、とーってもおいしいので、ぜひぜひ試していただきたい一品です。

ちなみに、本日の晩ごはんで、マカロニの上にチリビーンズを載せて、グラタンにしていただきました。

ゆでたジャガイモに乗せてもおいしそうですよー♪



ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。


にほんブログ村


今日も圧力鍋が大活躍でしたー。そんな今日のうちごはん。   こんな感じ。この中で、今日はお椀に入ってる「かぶのそぼろ煮」をご紹介します。(ちょっと色が悪いのですが…一応写真を)  半分に切ったかぶがゴロンと入ってます。鶏のひき肉と昆布のうまみだけ、味は酒 ... 続きを読む
今日も圧力鍋が大活躍でしたー。

そんな今日のうちごはん。

 

 
こんな感じ。

この中で、今日はお椀に入ってる「かぶのそぼろ煮」をご紹介します。

(ちょっと色が悪いのですが…一応写真を)

 

 半分に切ったかぶがゴロンと入ってます。
鶏のひき肉と昆布のうまみだけ、味は酒と塩、少しの醤油だけです。
仕上げにザクザク刻んだかぶの葉を散らして出来上がり。

シンプルな味。そしてかぶのうまみ、甘みをそのまんま感じるような薄味のお料理です。

☆かぶのそぼろ煮☆
材料
・かぶ…4個(皮をむき、半分に切る)
・鶏ひき肉…50g
・酒…大さじ1
・水…300㏄
・だし昆布…10㎝(キッチンはさみで小さく刻む)
・塩…小さじ1/2

・しょうゆ…小さじ1/2
・かぶの葉…1個分(小口から小さく刻む)
・片栗粉…大さじ1
・水…大さじ1

作り方

1)圧力鍋に鶏ひき肉を入れて炒める。色が変わってきたら、酒を加え水分がなくなるくらいまでしっかり炒める。(この手順で、鶏の臭みを消します)

2)水・刻んだだし昆布、かぶを入れて塩を加えたら、サッと混ぜて蓋をする。低圧(白いおもり)をセットして加熱し、沸騰してオモリがシュシュっと振れてきたら、10秒ほど数えて火を止める。

3)そのまま余熱でしばらく置き、圧力が下がったら蓋をあけて、かぶをひっくり返す。
(この時点では、まだかぶに火が通り切っていないが、この後余熱で火を通す)

4)仕上げにもう一度火にかけ、かぶの葉、しょうゆを加えて味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
(片栗粉は、必ず煮汁が沸騰した状態で加え、とろみがついてからも1分ほどしっかりと加熱すると冷めてもとろみが消えにくいです)


たっぷりの煮汁とともにいただくお料理です。
だから、味付けは最小限、薄味です。

我が家ではこのくらいの薄味で素材の味を楽しむのが好みです。
ずるるーっと、少々お行儀の悪い音でしたが、とろみのついた煮汁と一緒に食べると、とっても優しくておいしかったです。

なんと言っても、加圧時間がわずか10秒!(ゼロ活力なべ・低圧)なので、ササっと作って火を止めて、余熱中にほかのお料理にかかれるのがうれしいですね。

お好みで、おろしショウガを添えても、体がぽかぽかあったまって、おいしいですよ♪



ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村


圧力鍋で作るおせち料理シリーズ。今回は、子どもも大好き!私も大好きな栗きんとんです。画像は、またまたお友達のブログから拝借してきました。本当に彼女は写真も上手。盛り付けのセンスも抜群です♪ゼロ活力なべで作る栗きんとん。安納いもで作ると、くちなしの実を入れ ... 続きを読む
圧力鍋で作るおせち料理シリーズ。
今回は、子どもも大好き!私も大好きな栗きんとんです。


画像は、またまたお友達のブログから拝借してきました。
本当に彼女は写真も上手。盛り付けのセンスも抜群です♪

ゼロ活力なべで作る栗きんとん。

安納いもで作ると、くちなしの実を入れなくてもきれいな色!しかも甘さもねっとりなめらかな舌触りも最高です。

(材料)
・さつまいも(安納いも)…大き目のもの3本程度、800g位
・水…1カップ
・栗の甘露煮…小1ビン

(作り方)
1)さつまいもは、3㎝厚さに切り分け、皮を厚めにむいて、水にさらしておく。

2)ゼロ活力なべにさつまいもと水1カップを入れて蓋をし、赤いオモリ(高圧)をセットして火にかける。

3)沸騰してオモリがしっかりと振れたら、オモリが止まらない程度の弱火にして1分間加熱し、火を止めて余熱で放置する。

4)圧力が下がったら、蓋を開けてさつまいもをつぶす。ヘラなどで押せば簡単につぶれるくらい柔らかくなります。(なめらかにつぶせるので、裏ごしの必要はありませんが、皮に近い部分の繊維が気になる場合は、裏ごしするとよりなめらかに仕上がります)

5)栗の甘露煮のみつを加えて中火で加熱してぽってりするくらいまで煮詰め、栗を加えて温める程度に加熱する。(冷えると固くなるので、少しやわらかめで火を止める)

甘さが足りない場合は、お砂糖(上白糖)を加えてください。

私はこのほんのりとした自然の甘さが好きなので、お砂糖をくわえませんが、その分傷みやすいので、お早めにお召し上がりください。




ランキング参加中。 よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。

にほんブログ村