圧力鍋で 時短!簡単!うちごはん♪

毎日使える、使いたくなる。圧力鍋の便利技やレシピをご紹介します。 圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ」の講座情報も。

カテゴリ:◆レシピ > 圧力鍋レシピ(牛肉)

先日、牛丼チェーン店の値上げのニュースがありましたね。本当、牛丼好きな人、多いなーってびっくりしました。ならば!お家で作りましょう。私が作るからには、圧力鍋でシュシュ!っと作っちゃいますよ!今回はシンプルに牛肉と玉ねぎだけ。  せっかくの牛丼なのに…白米 ... 続きを読む
先日、牛丼チェーン店の値上げのニュースがありましたね。

本当、牛丼好きな人、多いなーってびっくりしました。

ならば!お家で作りましょう。
私が作るからには、圧力鍋でシュシュ!っと作っちゃいますよ!

今回はシンプルに牛肉と玉ねぎだけ。

 
せっかくの牛丼なのに…白米がなかった!
なので、黒米ブレンドのごはん。
私はトマトを乗っけるのが好き~♡



では、さっそく作り方!


☆☆圧力鍋で!簡単牛丼☆☆

<材料・4人分>
牛肉(切り落としなどの薄切り)…300g
たまねぎ…1個(約200g)

酒…1/4カップ(50ml)
みりん…1/4カップ(50ml)
しょうゆ…大さじ2(30ml)
水…1/4カップ(50ml)

(仕上げ用)
しょうゆ…大さじ1(15ml)

<作り方>
1)圧力鍋に水2カップ(分量外)を入れて加熱する。
 

2)沸騰したら食べやすく切った牛肉を入れてサッと箸でほぐして軽く火が通ったらざるなどにあげる(これで、灰汁が取れてすっきりとした味になります)
 

3)圧力鍋を一度きれいに洗い、酒・みりんを入れて加熱しアルコール分を飛ばす。
 

4)水・しょうゆを加えたら、薄切りにした玉ねぎを加える。
 

5)牛肉を戻し入れたら、フタを閉めて加熱する。
沸騰して圧力がかかったら、すぐに火を止める。
(※圧力鍋によって、加圧時間を0分~3分に調整してください)
 

6)火を止めて、圧力がさがったらフタを開ける。
 

7)軽く煮詰めて、仕上げのしょうゆを加える。
 


あとは炊き立てのご飯にのせたら出来上がり♡

たっぷり召し上がれ♪


 
この日は、牛丼(トマトのせ)と、筑前煮を細かくしてリメイクしたお味噌汁と、
講座でご紹介した和風ピクルスと、レタスと豆苗のオイスター炒めでした。




圧力鍋のメール講座を読んでくださっている方から、メールをいただきました。

「ブログやメルマガ読んでビックリしたのは、圧力鍋で出汁を取れたりお茶が作れたり。。。
予想外すぎてビックリしました。
一つお願いがあります。
これからは、レシピの時に、ティファールの時間も書いて欲しいです。」

こういうご意見、実はたくさんいただきます。
もちろん、できる限りご要望にはお答えしたいのですが…

同じメーカーでも、商品によってかかる圧力が異なります。
なので、一概にどこのメーカーは何分とは言えないのです。

そこで、目安にしていただきたいのが「かかる圧力(作動圧力)の値」です。

作動圧力が高いものは短い時間で、作動圧力が低いものは少し長めに調整してください。

今回の牛丼の場合は、
●80kpa以下の圧力鍋…3分
●80kpa以上、120kpa未満…2分
●120kpa以上…0~1分

この分数を目安にしてください。
今回料理に使ったゼロ活力なべは、現在販売されているものの中では作動圧力は最高レベルなので、圧力がかかったらすぐに火を止めました。



圧力鍋ってどれも同じじゃないの!?

と思ったあなたは、ぜひメール講座にご登録くださいませ。

これで圧力鍋を使いこなせる!7日間無料メール講座

圧力鍋の基礎知識から便利な使い方まで、
7日間の無料メール講座でお届けします。


以下のURLから必要事項を記載してご登録ください。
コメント欄に一言メッセージをいただけると嬉しいです♪
うちごはんラボの受講生の方はコメント欄に
「受講生です」とご記入ください。

(パソコン用)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/entryform1.htm

(スマートフォン・携帯の方はコチラ)
https://88auto.biz/atsuryokunabe/touroku/sp/entryform1.htm

これからも応援よろしくお願いします。




にほんブログ村



レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。

 




 


このブログの検索ワード。時々チェックするんだけど、常に上位にあるのが「牛すじ」そして、人気の記事も、「牛すじ」【圧力鍋レシピ】ぷるんぷるん♪牛すじのゆで方【圧力鍋レシピ】とろっとろ!牛すじとこんにゃくの煮込みこのあたりが人気です。「牛すじのゆで方」通りに ... 続きを読む
このブログの検索ワード。
時々チェックするんだけど、常に上位にあるのが「牛すじ」
そして、人気の記事も、「牛すじ」

【圧力鍋レシピ】ぷるんぷるん♪牛すじのゆで方
【圧力鍋レシピ】とろっとろ!牛すじとこんにゃくの煮込み
このあたりが人気です。

「牛すじのゆで方」通りに下ゆでしたすじ肉は、小分けして冷凍しておくと、いざというときにすぐに使えて便利~♪なのです。

そして、昨日もまさにその「いざという時」でした。

うちに帰って、30分で準備したのがこちら。(スマホ画像ですが)
 


ごはんが白とびしておりますが、真上に蛍光灯があるというおおよそ写真撮影には向かない環境で、記録として写したものなので、お許しを!
(なのに、FBで紹介したら、なぜだか皆さん「いいね!」を押してくださる…)

★牛すじときのこのハヤシライス
★生ハムと梨入りコールスローサラダ

これだけですが、お野菜はいろいろたっぷり入ってます。

自分への覚書に、なんとなーくのレシピを
(分量はおおよそなので、きちんと計ってません。)

☆☆牛すじときのこのハヤシライス☆☆
材料(作りやすい分量)

・(圧力鍋でゆでた)牛すじ…400g
・合挽き肉…100g
・たまねぎ…1個
・にんじん…1/2本
・しめじ・しいたけ・エリンギなど…各1/2パック程度
・トマト水煮…1パック(約400g)
・水…1/2カップ(100ml)
・バター…10g

・ケチャップ…約大さじ1
・ウスターソース…約大さじ1
・しょうゆ…約大さじ1
・メープルシロップ…約大さじ1(なければ砂糖でも)
・塩…適量

作り方
1)たまねぎは1㎝厚さの半月切り、にんじんは5㎜厚さの半月切りにする。
きのこ類は食べやすく切っておく。  

2)圧力鍋にバターを入れて溶かし、合挽き肉を炒める。パラパラになったら、玉ねぎ、にんじん、きのこ類を入れてサッと炒め、牛すじ、トマトの水煮、水を加えて全体をよく混ぜ、フタを閉める。
 
3)高圧のオモリをセットして火にかけ、沸騰してオモリが振れたら、オモリが止まらない程度の弱火にして1分間加圧して火を止める。 
(圧力が140kpa以上の高圧鍋を使用しています。一般的な圧力鍋の場合は、3~5分加圧してください)

4)圧力が下がるまでそのまま余熱で置く。圧力が下がったらフタを開けてケチャップ、ウスターソース、しょうゆ、メープルシロップを加える。味見をして足りなければ塩で味をととのえる。 ごはんにかけて出来上がり。

5)とろみが欲しい場合は、水で溶いた薄力粉を加えて、とろみがつくまで中火で混ぜながら煮る。 

圧力鍋があれば、ササーっと炒めて、シュシュっと煮込んで、あとは余熱中にサラダの準備などをしていれば、あっという間に出来上がりです。

あらかじめとろとろにゆでてある牛すじを使うので、簡単!
牛すじのゆで汁を使っていないので、コクとうまみをプラスするため、少しだけひき肉を加えました。

市販のルウを使っていないので、サラッとしています。
脂分もお肉に入っているのは別としたら、加えたのはバターだけ。
市販のルウって、たっぷりの油脂が使われているので、カロリーも高いのですが、
おそらくこのハヤシライスならカロリーもずいぶん控えめ(だと思う)
きのこもローカロリーで食物繊維たっぷりだしね!

この分量で家族4人が一皿ずつ食べて、一皿分弱残りました。
残った分は朝に温めなおして、スープジャーに入れて娘のお弁当になりました。

 牛すじといえば、ついつい和風のしょうゆやみそで煮込む料理になりますが、こんなふうにハヤシライスにしても美味しいですよ!


そして写真はないけど、サラダの方は
千切りにしたキャベツとキュウリを塩もみして水気をしぼり、細切りにした梨と生ハムを加えて、塩・こしょう・レモン汁・マヨネーズで和えただけ。

コールスローサラダの作り方がベースですが、梨を入れるとすごくよく合うのです!
今の季節だけのお楽しみで、家のコールスローは梨入りが定番となってます。
ハヤシライスと合わせて、ぜひお試しくださいね!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 

10月出張圧力鍋講座のお知らせ

10月16日(木) 11:00-13:30 (あと1名様)
武蔵小杉・武蔵中原のベビーマッサージ・ベビーサイン教室 ‟momo”さん
「圧力鍋で子どもと一緒ごはん」
★お野菜たっぷり食べる豚汁
★秋満載の炊き込みごはん
★お野菜のお手軽おかず
★プチデザート

10月30日(木) 11:00-13:30 
調布市 パンとお菓子のちいさな教室 honey dropさん
「圧力鍋でとろとろ牛すじスープ&韓国風海苔巻」
★牛すじのスープ
★韓国風海苔巻
★チョレギサラダ
★プチデザート

お申し込みは各教室に直接お願いいたします
(教室名をクリックすると各教室のブログにジャンプします)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ランキングに参加しています。
下の2つのバナーをポチっとクリックしていただけると、
大変、大変、うれしゅうございます。




にほんブログ村



レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。

 





圧力鍋で作りたい料理の上位にランクインする「牛すじ肉のお料理」居酒屋さんでよく食べる~という方も多いかも。あのとろっとろの牛すじ煮込みが、圧力鍋を使えばおうちで作れますよー!) (牛すじの下ゆで方法はこちらの記事へ) 下ゆでした牛スジ(500g分)と、ゆで汁を ... 続きを読む


圧力鍋で作りたい料理の上位にランクインする「牛すじ肉のお料理」
居酒屋さんでよく食べる~という方も多いかも。
あのとろっとろの牛すじ煮込みが、圧力鍋を使えばおうちで作れますよー!)

(牛すじの下ゆで方法はこちらの記事へ)

下ゆでした牛スジ(500g分)と、ゆで汁を使います。

牛スジはゆで汁ごと冷蔵庫で保存し、上の方に浮いた脂は取り除いています。

(材料)
・下ゆでした牛スジ(500g分)
・牛すじのゆで汁…1カップ(200ml)
・こんにゃく…1丁
・しょうゆ…大さじ2+大さじ1(2回に分けて加えます)
・酒…大さじ2
・みりん…大さじ2
・砂糖…大さじ2


1)  こんにゃくは、ひと口大にちぎり、塩を振ってよく揉んでから水洗いし、ザルに上げておく。



2) 圧力鍋に下ゆでした牛すじ肉とそのゆで汁、(1)のこんにゃく、しょうゆ・酒・みりん・砂糖を入れて火にかける

とりあえず、全部入れた状態。

冷蔵保存していたので、牛すじのゆで汁がコラーゲンでは固まってます。
ここからゆで汁が溶けてくるまで蓋を開けたまま加熱します。 

 



3) 煮汁が溶けたら、蓋をして高圧(赤いオモリ)をセットして調理スタート。
沸騰してオモリがしっかりと振れたら、すぐに火を止めて余熱を置きます。
(※加圧時間はゼロ活力なべ使用時です。他の圧力鍋の場合は、1~5分加圧してください)

 



4) 圧力が下がったら、蓋を開けて少し煮詰めます。

 牛スジとこんにゃくなので、加熱した後もあまり姿が変わりませんねー(泣)

5) 仕上げにしょうゆ(大さじ1)を加えてさっと加熱したら出来上がりです。器に盛り付け、
刻んだ青ネギと、一味唐辛子をかけて、お召し上がりくださいませ。





今回の牛すじ肉は固めのお肉でしたが、圧力鍋パワーで、とろんとろんになりました。

お味噌味で煮込みたいわーという場合は、最初に入れるしょうゆを大さじ1に減らして、
(4)の工程(圧力調理が終わった後)で、お味噌を溶き入れて煮詰めてください。
圧力調理をするときには、お味噌は入れないように注意してくださいね!


圧力鍋のパワーを実感できる牛スジの煮込み。
ぜひぜひお試しくださいませ。




ランキング参加中。
よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村



圧力鍋で、作りたい料理の上位にランクインするお料理。牛すじ。今回は、圧力鍋を使った牛すじの下茹で方法をご紹介します。下茹でしておけば、お料理にすぐに使えて、とーっても便利ですよ! コラーゲンが溶け出して、ぷるんぷるんの牛すじ肉。短時間でこんなにやわらかく ... 続きを読む
圧力鍋で、作りたい料理の上位にランクインするお料理。
牛すじ。

今回は、圧力鍋を使った牛すじの下茹で方法をご紹介します。
下茹でしておけば、お料理にすぐに使えて、とーっても便利ですよ!

コラーゲンが溶け出して、ぷるんぷるんの牛すじ肉。
短時間でこんなにやわらかくなるなんて、
「圧力鍋さまさま♪」って感じですね。




我が家流のやり方ですが、 全手順写真入りでご紹介いたします!!!

(材料)
・牛すじ肉…1㎏程度
・水…2カップ(400ml)
・酒…1カップ(100ml)



1) 牛スジを圧力鍋に入れて、かぶる程度の水(分量外)を加えて火にかけます。
この時、蓋はせずに加熱します。

 まずは生のまま、 大きな塊のままで大丈夫です。



2) ぐらぐらと沸騰してきたら、中火にして5分ほど加熱します。
お肉の灰汁やら、いろいろ、どろどろと出てきます(←表現ヘタか!)
 


3) 火を止めて、なべごと流しに運びます。(やけどに注意してくださいね)
なべに直接水を流して(弱めの水流で)洗います。

 

4) 手で触れるくらいに冷えたら、お肉を一つ一つ丁寧に洗ってザルに上げ、
食べやすい大きさに切り分けます。


中はまだ生の部分があるけど、もう一度加熱するのでご心配なく。
少し加熱してから切ると、生の状態のようにぬるっと包丁が滑らず、切りやすいですよ。


この時に、お肉の状態をチェックします。
白い固いすじが多ければ、加圧時間は長めに、薄くてやわらかいお肉が多ければ
短めにと、お肉の状態によって、圧力調理の時間を調整します。



5) 切ったお肉は、綺麗に洗った圧力鍋の中に入れます。
水2カップ(400cc)と、酒1/2カップ(100㏄)を加えます。


 お肉が水に浸かっていない部分もあっても大丈夫ですよ~♪


もちろん、もっとたくさんの水でゆでてもいいのですが、時間がかかっちゃうので、私はこのくらいの水分量でやってます。


6) 高圧のオモリをセットして加熱スタート。
沸騰してオモリがしっかり振れる(=圧力がかかる)ようになったら、
オモリが止まらない程度の弱火にして10分加熱します。

今回は白いすじが多い固いお肉だったので、加圧10分ですが、
薄くてやわらかいお肉なら、5分でも大丈夫です。


我が家の場合、8段階あるIHの「6」で加熱を開始し、オモリがしっかりと振れてきたら、
「4」に下げます。
ここで下げ過ぎてしてしまうと、オモリが止まってしまうことがあります。

オモリが振れている=安定して圧力がかかっている

という状態なので、オモリが止まらないように火力を調整することが大切です。

※説明書には「弱火」となっていますが、ご家庭のコンロに合わせて
「オモリが止まらない程度の弱火」にしてくださいね。

※圧力鍋によって、加圧中の火力調整の方法が異なります。
詳しくは取扱説明書をご覧ください。


7) 加熱時間が終了したら、そのまま余熱で放置し、 圧力が下がったら蓋を開けます。

これで牛すじ下ゆでは完了です!!


もう、とろんとろん~♪

このまま大根おろしとネギとポン酢と一味をかけたら、いいおつまみになります。


ゆでたお肉は小分け冷凍も可能。すぐに使うなら煮汁ごと冷蔵で。
冷蔵すると、冷えると上に脂分が固まるので、それを取り除けばカロリーダウン。
 煮汁はプルンプルンの煮凝り状態に固まりますよ。

あとは煮込みにするもよし、おでんにするもよし、カレーや肉じゃが、
牛すじの牛丼etcなどなど、とーっても便利に使えます。





ちなみに冷蔵するときは、密閉容器にポリ袋を入れて使ってます。
こうするとべとべとの脂汚れが密閉容器に直接付かないので、洗い物がラクラクです。


圧力鍋で調理した牛スジのプルンプルンの食感。
ぜひぜひ楽しんでくださいね!


 次の記事では、圧力鍋を使った牛すじ煮込みの作り方をご紹介しますね!




ランキング参加中。
よろしければ、1クリックの応援、よろしくお願いします。





にほんブログ村