圧力鍋で 時短!簡単!うちごはん♪

毎日使える、使いたくなる。圧力鍋の便利技やレシピをご紹介します。 圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ」の講座情報も。

カテゴリ:◆電気圧力鍋 > 電気圧力鍋レシピ

今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。なんだか、外は南風がビュービュー吹いていて、この風で桜が散ってしまいそうなのが、ちょっと心配です。その上、この自粛ムード。せめて、美味しいもの作って、美味しく食べて、気持ち上げていきましょう!さて、今日 ... 続きを読む
今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。


なんだか、外は南風がビュービュー吹いていて、
この風で桜が散ってしまいそうなのが、ちょっと心配です。


その上、この自粛ムード。


せめて、美味しいもの作って、美味しく食べて、
気持ち上げていきましょう!


さて、今日はおいしいレシピのご紹介ですよー!!!

電気圧力鍋だから、スイッチ押したらあとはぼぼほったらかしでOK!

ナンコツ-2

豚バラ軟骨の甘辛煮込みのご紹介です。

ビールやお酒にぴったり!
呑んべえさん必見のレシピです。

もちろん、白ご飯との相性も抜群です!


作り方は、YouTubeでご紹介してまーす!


チャンネル登録、よろしくお願いしますっ!!!

(あと数人で150人達成!!3月中に150人を超えたら嬉しい♡)







☆☆豚バラ軟骨の甘辛煮込み☆☆ 
 
材料(4人分) 
・豚バラ軟骨  約400g 
・生姜スライス 1かけ分
・砂糖     大さじ1
・しょうゆ   大さじ1
・酒      大さじ1 
・水      50ml   
・青ネギ、七味唐辛子 適量 



1)電気圧力鍋の内鍋に、調味料と水を入れる。 

2)豚バラ軟骨を入れて、よく混ぜて煮汁を絡ませ、生姜のスライスをのせる。 

3)ふたを閉めて、高圧20分にセットして調理スタート 
(電気圧力鍋によって、加圧時間が異なります。20〜30分で調整してください) 

4)タイマーがなったらしばらく待って、圧力が下がったらふたを開ける。 

5)煮汁が半量程度になるまで、しっかりと煮詰める。
 (味が薄ければ、適宜しょうゆを加えてください)

 6)器に盛り付け、刻んだ青ネギと七味唐辛子をあしらう。 

※豚肉の臭みが気になる場合は、豚バラ軟骨を一度さっとゆでて 
水洗いしてから煮込んでください。 

※電気圧力鍋用に水分を調整したレシピです。
一般的な圧力鍋で作ると焦げ付く場合がありますので、水分を調整してください。


ちなみに、私が使っている電気圧力鍋は、
クイジナートの電気圧力鍋です。

電気圧力鍋の中では、圧力が高めです(高圧の場合)。

電気圧力鍋も、(圧力鍋ほどではないけれど)圧力値に開きがあって、
一概に、同じ分数でOKと言えないところが、もどかしい。。。



お仕事がきっかけで使わせていただきましたが、
高圧、低圧の切り替えや時間を自分で設定できるシンプルさが、
お気に入りポイントです。












電気圧力鍋と圧力鍋って同じように思っている方も多いのですが、
実は、ちょっと使い方のポイントが違います。

だから、電気圧力鍋のレシピをそのまま圧力鍋で作ると
上手くいかなかったり、

圧力鍋のレシピを電気圧力鍋で作る場合は、
ちょっと工夫した方が、より簡単になったりします。


それぞれに良さがあって、
また圧力鍋の中でもいろんなタイプがあって、
電気圧力鍋も一筋縄じゃ行かないけど、
そこが楽しい。
実に興味深い。




って、こんなことを書いてると、

「うざっ」

ってなるかも知れないけど、

圧力鍋、電気圧力鍋をこよなく愛する者として、

上手くいかなかった時に、


「これだから、圧力鍋は…」って


嫌いにならないで欲しいから。



圧力鍋も、電気圧力鍋も、理解できると本当に楽しい!
本当に便利!
もう、君なしじゃ生きていけないっ!(←マジでこのレベルです)

だからこそ、この楽しさを伝えたい!って
思ってます。


圧力鍋について、一度ちゃんと学んでみたいなー。
きちんと知りたいなー。と思ったら、
ぜひ、オンライン講座をご検討くださいね。

3月31日まで、半額キャンペーン中です。








今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。こうやって、普通にブログがアップできること、健康で過ごせていることに、感謝の日々です。近所の「ハナモモ」。毎年、綺麗な花を咲かせてくれます。1本の木なのに、濃い、薄い、桃色の八重の花が咲きます。ついつい ... 続きを読む
今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。


こうやって、普通にブログがアップできること、
健康で過ごせていることに、感謝の日々です。
桜0321-2

近所の「ハナモモ」。
毎年、綺麗な花を咲かせてくれます。
1本の木なのに、濃い、薄い、桃色の八重の花が咲きます。

ついつい、足を止めて、上を見上げて、
綺麗な花に癒されております。




さて、先日、圧力鍋を使った「たけのこのゆで方」を 
ご紹介しました。

 


普通の鍋なら、時間がかかるたけのこゆで。
圧力鍋なら、とっても時短になるんだけど、


実は、実は、


電気圧力鍋だと、もっと簡単なんですー!!


だって、

スイッチ押すだけ&スイッチ切るだけ。

ですから。


スイッチ押すだけ&スイッチ切るだけですが、
YouTubeにもアップいたしました。

よろしければ、ご覧ください。






ちなみに、私が使っている電気圧力鍋は、
クイジナートの電気圧力鍋です。

電気圧力鍋の中では、圧力が高めです(高圧の場合)。

電気圧力鍋も、(圧力鍋ほどではないけれど)圧力値に開きがあって、
一概に、同じ分数でOKと言えないところが、もどかしい。。。



お仕事がきっかけで使わせていただきましたが、
高圧、低圧の切り替えや時間を自分で設定できるシンプルさが、
お気に入りポイントです。



電気圧力鍋のレシピも、YouTubeでご紹介していきますね。

今編集中なのは、
ナンコツ-2

こんなお料理です。
まさに、「飲兵衛のアテ」やん!

近日中に公開しますので、お楽しみに。



 

前回の記事でご紹介した電気圧力鍋。担当させていただいた付属レシピ集には載っていない、新作レシピをご紹介しますね。夏に!ビールにぴったり!ガッツリ食べたいスペアリブのお料理です。(と言いつつ、写真の後ろは、ワイン…。そのわけは、この記事の最後に) 電気圧力 ... 続きを読む
前回の記事でご紹介した電気圧力鍋

担当させていただいた付属レシピ集には載っていない、新作レシピをご紹介しますね。

夏に!ビールにぴったり!ガッツリ食べたいスペアリブのお料理です。
(と言いつつ、写真の後ろは、ワイン…。そのわけは、この記事の最後に)

 

電気圧力なべなら、材料入れて、スイッチオン!で後は出来上がりを待つだけ。
これはラク~♪ですね!

このスペアリブの作り方を、RELICIA電気圧力鍋の使い方と合わせてご紹介しますね。

 
↑こちらがRELICIA電気圧力鍋です。



☆☆電気圧力鍋deスペアリブの和風ハニーマスタード☆☆ 

●材料(2人分)

スペアリブ…300g(4本くらい)

はちみつ…大さじ2
しょうゆ…大さじ2
酒(またはワイン)…大さじ1
しょうが(すりおろし)…1/2かけ分

水…1/4カップ(50ml)

粒マスタード…小さじ1

●作り方

1)スペアリブは、フォークで数か所刺して味を染みやすくしてから、はちみつ・しょうゆ・酒・しょうがのすりおろしをもみ込んで30分以上置く。(丈夫なポリ袋などで漬け込んで一晩くらい置くと、しっかりと味が染み込みます)
 


2)電気圧力鍋の内鍋に、(1)のスペアリブと漬け込み液、水を加える。
 


3)蓋を閉めて、「肉類」モードを1回、「+」スイッチを3回押す。
 
 ※画面の表示「P15」とは、加圧時間分の意味です。肉類は初期値が12分なので、+3分にしています。

 
 

4)後はこのまま放っておくだけ。途中、圧力がかかるまでは少し「シュー」ッというような音がしますが、圧力ピンが上がると、ほとんど音はしません。静か~♪
 ※奥に見える赤いピンが、「圧力ピン」
加圧状態だとこのピンが上がってて、圧力が下がるとピンも下がります。

電気圧力鍋の場合、設定圧力まで上がった後は、マイコンが自動で火力を調節してくれます。また、加圧が終わった後は、いったん加熱を終了し、約80℃に下がったところで、自動で保温してくれます。
 

5)圧力ピンが下がったら、オモリを蒸気抜きマークの方に回して残圧がないことを確認してからふたを開けます。
 
圧力ピンが下がってたら、お花のマークのオモリを回して残圧がないことを確認!

 
蓋のつまみをもって、反時計周りに回せば開きます。


6)蓋を開けた後、再度「お好み」ボタンを押せば、追加熱ができます。
追加熱で煮詰めながら、お肉にタレをしっかりとからめます。水分が少なくなってきたら、仕上げに粒マスタードを加えて出来上がり。

 
 

 
ほろっほろにできましたー^^ 



スペアリブって、オーブンで焼いたりすることが多いのかな?
でもうちではもっぱら圧力鍋で煮込んじゃうことが多いです。

普通の圧力鍋でも作れます!!
このお料理を普通の圧力鍋で作る場合は、煮込む時に加える水分を3/4カップ(150ml)に増やし、加圧時間は5分~10分にしてください。

電気圧力鍋は、一般的な圧力鍋と比べると、圧力値は弱めです。その分加圧時間は長くなります。でも、スイッチを押すだけで、あとは加熱具合も自動調整してくれるので、手間いらず。
時間がかかっても、手間はかかりません!しかも出来上がったら自動で保温しておいてくれるから、いつでもほっかほかで味わえますよ。



さてさて、出来上がり写真のワインの謎?ですが…

このお料理、お昼間に作って写真を撮ったのです。
本当はビールを置きたかったけど、真昼間にビールを開けちゃうと、飲まなくちゃいけないし…
いや、飲まずに我慢などできないし…
封を開けたビールはすぐに飲まないとまずくなるし…
飲んでしまったら、そのあとのお仕事に支障が出るし…
しかも我が家には今、安い発泡酒はなく、おいしいおいしいプレミアムモルツしかないし…
そんなのぜーったいに無駄にできない!!

というわけで、料理用に買ってあった、開封済みの白ワインを雰囲気出すためにこっそり置いてみたということです。もちろん、このワインはお料理に有効に利用しているので、無駄なしですよ。

そして、写真撮影した後は、夜ご飯の時にスペアリブを温めなおし、その時にはおいしくビーーールと一緒にいただきましたとさ♪
めでたし、めでたし。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

7月の圧力鍋講座。
残りのお席が3席となっております。
ご参加のお申込み受付中ですので、ご興味のある方はお気軽にお申込み・お問合せくださいませ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

7月レッスンのご案内

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


ランキングに参加しています。
下の2つのバナーをポチっとクリックしていただけると、
大変、大変、うれしゅうございます。




にほんブログ村

レシピサイト NADIAに登録してます。圧力鍋レシピも掲載しています。